綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,855 記事

クリスマスまでに間に合う艶肌集中ケア対策!

2014年11月25日更新 | 8,568 views | お気に入り 537

クリスマスまであと1ヶ月弱…
パーティー用の靴やドレスは買ったけど、お肌のトラブルが気になる…というあなたのために、艶肌磨きの1ヶ月プログラムをご紹介します。

艶肌磨きの1ヶ月プログラム

1週目は、皮脂を味方につける

2週目は、血行を良くする

3週目は、深い呼吸と深い睡眠を取る

4週目は、デトックスを心がける

第1週目:皮脂を味方につける

乾燥肌が気になる季節ですが、ダブル洗顔をしていませんか?クレンジングだけでは汚れが落ちていないような気がして、もう一度石けん洗顔をしたり、市販の洗顔料で洗ったりしないと気が済まない…という方が多いようです。
もともとクレンジングクリームが作られたヨーロッパでは、水が硬水で石けんに合わないという事情もあって、ダブル洗顔を行ないませんでした。普段は卵白洗顔をお勧めしている私ですが、冬場、乾燥が気になる時は思い切って洗顔をやめてしまいます。
どうしても気になるようなら、たっぷりの化粧水を含ませたコットンでやさしくぬぐうか、体温より低いぬるま湯で流す程度にします。乾燥肌がひどい時は最低3日から1週間、これを続けてみてください。これだけでも、皮脂膜を保つことができるので、肌にうるおいが戻ってきます。

洗顔以外にも、知らないうちに皮脂を奪ってしまう危険な習慣があります。下記に記しますので、気がついた時だけでもやめてみましょう。

【1週目のプログラム】うるおいプロテクション

①クレンジング後の洗顔をやめる。

②シャワーを浴びるとき、一緒に顔を洗わない。(必ず洗顔はぬるいお湯か水で)

③素顔に蒸しタオルやスチーマーを使わない。(オイルやハチミツなどを塗ってからスチーム)

第2週目:血行をよくする

全身の血行がよくなると、肌の新陳代謝もよくなり、同時に寒さでくすんでいた肌色もバラ色によみがえります。
一生を恋に生きた作家の故・宇野千代さんは、デートの前にはメイクを済ませてから、必ず1〜2時間お昼寝をして、全身の血の巡りを良くしてから恋人に会いに行ったそうです。ここでは、お昼寝ではなく、血行を良くする「7パーツ温冷浴」をご紹介します。

【2週目のプログラム】7パーツ温冷浴

①体を7つのパーツに分けます。
顔、両腕、デコルテ、お腹、背中、お尻、両脚の7カ所です。

②ひとつのパートにつき、
洗って ⇒ 30秒入浴し ⇒ 全身に洗面器1杯の冷水をかぶります。

③7つのパーツを洗うたびに②の手順をくり返します。

この入浴法を1週間くり返すと、血行が良くなり、代謝が上がるばかりか、体重が減る方もいます。ただし、心臓の弱い方や貧血気味の方は気をつけて行なって下さい。もし途中で気分が悪くなった場合は、すぐにやめて休憩して下さいね。

第3週目:深い呼吸と深い睡眠を取る

最近、呼吸の浅い女性や睡眠の浅い女性が増えています。呼吸が浅いと細胞に必要な酸素が届かないので、当然、肌の新陳代謝も悪くなっていきます。一方、睡眠が浅いとノンレム睡眠の時間が短くなってしまい、リラックスに関係する副交感神経が優位になることができませんから、やはり肌のためには悪いのです。

これらを改善する一石二鳥の方法があります。それは「8カウント呼吸法」です。寝る前にベッドの上であおむけになってから、ゆったりした気持ちでこの呼吸法を行なうことによって、手足も温まり、深い睡眠を得ることができます。

【3週目のプログラム】8カウント呼吸法

①まず右手の人差し指で右の小鼻を押さえたまま、口から息を吐き、左鼻から息を吸います。

  (a)息の吐き方:口笛を吹くように唇をすぼめて、息を「フゥー」と8カウントで吐き出し最後に「ハッ」と言って吐き切ります。「1・2・3・4・5・6・7・8・ハッ!」

  (b)息の吸い方:左の鼻から「1・2・3・4・5・6・7・8」と8カウントで息を吸って、また「1・2・3・4・5・6・7・8」と8カウント息を止めます。心の中で数えて下さい。

②(a)(b)を1セットとして4セット繰り返したら、左右をチェンジして4セットくり返して下さい。

③そのままゆったりと波のように、呼吸に身をゆだねて、お休みください。

4週目:デトックスを心がける

年末の忘年会、パーティー・シーズンに入って来ると、ついカロリーの高いもの、炭水化物や脂肪分の多いものを食べ過ぎてしまいます。
あなたの胃腸は休むまもなく働いて、腸内が炎症を起こしたり、消化しきれない食べ物が腐敗したまま滞っているかもしれません。
腸内環境の悪化は吹き出物や肌荒れの原因になります。活動量の多い子どもたちや10代20代は朝食にボリュームが必要ですが、大人になったら朝を抜いてでも胃腸を休めることが一番のケア。腸内環境はそのままお肌に表れます。腸内を整え、スッキリ排泄して、美しいお肌を目指しましょう。

【4週目のプログラム】体の中から輝く美肌作り

①朝、目が覚めたら、床の中で仰向けのまま両膝を立てて、お腹をマッサージします。
右手の4本指をそろえてパジャマの下に入れ、ゆっくりとさするように、右の骨盤の内側 ⇒ 右の肋骨の下 ⇒ 左の肋骨の下 ⇒ 左の骨盤の内側へと時計回りになでていきます。気持ちよく中のものが出て行くイメージでぐるっと一周します。

②起き抜けにひとつまみの海塩を入れた白湯を飲みます。
朝は断食明けと同じです。白湯が腸の中をゆっくりと洗浄していく様子をイメージしながら、心身ともに清められるつもりで飲みます。

③リンゴと青菜のスムージーを飲みます。
デトックスの果実であるリンゴ1個に、体の中をアルカリ性にしてくれる青菜を一株と水180mlをミキサーにかけて飲みます。冷たい飲み物は冷えの原因になるので、常温のスムージーをゆっくりと噛むようにしてから飲みましょう。(材料は凍らせないこと)

④腸内環境をよくするための発酵食品、納豆やぬか漬け、麹甘酒などを1日1回は摂るようにしましょう。

いかがでしたか?

4週間後、輝くお肌でクリスマスの日をお迎えくださいね!

著者情報

美肌研究家/アンチエイジング・コンシェルジュ/セミナー・プロデューサー/「愛のファッション・プロファイリング講座」プロデューサー/立川ルリ子 R's メソッド認定講師

本記事は、2014年11月25日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。