綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,851 記事

ゴワゴワ角質にさよなら!あなたはどれを選ぶ?いろんなピーリング艶肌対策

2014年12月2日更新 | 3,249 views | お気に入り 424

何のためにピーリングするの?

p-ling

ピーリングとは「皮をむく」という意味で、お肌に行うピーリングケアは肌表面のいらなくなった角質を除去し、毛穴にあるいらない皮脂や汚れも一緒に取り除くことで、本来ターンオーバーで現れるはずの「新しく美しいお肌」を肌表面に取り戻すためのケアです。

ピーリングの種類

ピーリングにはいくつかの種類があり代表的なのは以下の4つです。

 それぞれの特徴を簡単に説明します。

ホームケアピーリング

セルフでできるホームケア用のマイルドなピーリング剤です。

出典元:http://xn--nckxa4ep9ixbwdc.jp/skin_peelbar/

有名なのはフルーツ酸(AHA酸)などの配合された洗顔石けんやゲルタイプのピーリング剤や、スクラブ剤です。

ケミカルピーリング

エステや美容外科クリニックで行われる、薬剤を使ったピーリングです。

主に使われる薬剤はグリコール酸、サルチル酸、トリクロロ酢酸が代表的ですが、エステサロンにおいては一番マイルドなグリコール酸のみが使用を許されています。

ピーリング後のお肌の状態を維持するには定期的に回数を通うことが必要です。1回1万円〜2万円程度。

ケミカルピーリングを行った後は、肌がとても乾燥しやすい状態にあるので、乾燥肌や敏感肌の人は受けることができません。

レーザーピーリング

美容外科や美容皮膚科などの医療機関のみで受けられるレーザーによるピーリングです。

レーザー光が肌の真皮層に届きコラーゲンをを活性化させる働きがあるので、表皮の角質除でなく肌のハリや弾力を取り戻す効果もありケミカルピーリングよりも全体的な肌悩みに効果的といえます。

レーザー治療であるため照射後の赤みやむくみによりダウンタイムがあります。1回の施術価格は、大体2万円〜6万円とケミカルピーリングに比べて高価。乾燥肌や敏感肌の人でも受けることができ、間隔は1ヶ月に1回受けることが可能です。

ハーブピーリング

元々はドイツ生まれの天然ハーブを使用した自然剥離治療。ハーブと珊瑚や海綿体を使ったピーリングトリートメントです。

日本では主にエステサロンで受けることができます。天然のハーブを使用し、肌に刺激を与え数日後に自然剥離を促すというピーリング。古い角質が自然にはがれ落ちツルツルの肌が現れる仕組み。ピーリング後の赤みやむくみ、皮がはがれ落ちる間のダウンタイムがあります。

1回の施術は2万円程度。3、4回で根本的な肌質の改善ができるのでレーザーよりコスパが良いです。ブランドによっては2週間に1回の間隔でできます。

レーザーと同じく真皮層に働きかけコラーゲンを活性化し肌の弾力やハリにまでアプローチできます。

ゴワゴワを放っておくと、ますますターンオーバーの障害に….

冬の乾燥したゴワゴワ肌を放っておくと、ますます固く黒ずんだお肌へと向かってしまいます。白くもちっとしたみずみずしいお肌はターンオーバーによってもたらされますが、老化や紫外線ダメージ、乾燥によりそのサイクルが狂ってしまっている人が多いのです。

正直表面的なピーリングケアをしても、「ターンオーバーの正常なサイクルを取り戻す」というところまでには届きません。なかなかはがれずに居座っていた古い角質を一掃する程度です。

どうせ角質除去ケアをするなら、レーザーピーリングやハーブピーリングなど真皮層にまで働きかけコラーゲンを活性化させる働きのあるものを取り入れる方が効果的でしょう。

ただ単に「古い角質を取り除くだけ」では、余計トラブル肌に….

KE142_72A

ピーリングケアに必ず必要な事はアフターケアです。

せっかく白く柔らかでみずみずしい素肌になったのに、普段のケアを怠ってしまうと、生まれたての肌はトラブル肌へと様変わりします。

しっかりと紫外線ケアをし、この時期は念入りに保湿ケアをすることが重要です。

特にケミカルピーリングなどの乾燥を招くピーリングケアには、「セラミド」が不足します。強いピーリング剤により、肌の保水に必要なセラミドまで除去されてしまうからです。

適切なセラミドや油分をしっかり補うケアを忘れずに。

お肌に乾燥した部分がある方や、ニキビも同時に治療したい方はやはりケミカルピーリングよりも、レーザーピーリングやハーブピーリングの方が効果的な結果をもたらしてくれるでしょう。

自分にあったピーリングケアで、冬も柔らかぷるぷるお肌を維持しましょう。

著者情報

美容家・コスメブランドプロデューサー/美容皮膚科クリニックコンサルタント/日本コスメティック協会会員/

本記事は、2014年12月2日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。