綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,860 記事

ヘアカラーでアレルギー症状が出た時の原因と対処方法

2014年12月11日更新 | 13,761 views | お気に入り 578

ヘアカラーしたいけどからだへの影響は大丈夫?

ヘアカラーでイメチェン!思いのままに髪の色を変えてみたいと思うときありますよね。最近では、色味もかなり豊富になっていますし、微妙な好みにも対応できるようになっています。
しかし、気になるのはヘアカラーでアレルギー症状が出たり、体調不良になる可能性があるという話。
実際はどうなのでしょうか?気になります。

ヘアカラーで体調が悪くなる可能性はある?

ヘアカラーで体調が悪くなる可能性についてですが、これは状況によってはあるということになります。
では、どのようなときに体調不良になりやすいのでしょうか。

生理中

 生理中にヘアカラーは好ましくないとか、パーマもよくないという話を聞いたことがある人もいるでしょう。
生理中は、からだが敏感になっているのでいつもなら何ということもないことでも痛みや刺激、体調不良、ヘアカラーやパーマそのものの効果が出ないということになりがちです。
臭いも独特ですし、決して癒される香りではありません。
ヘアカラーをする際には生理中は避けましょう。

疲れているとき

こちらも生理中と同じように体調不良になりやすいようです。また、それまではなんともなかったヘアカラー剤がしみたり痛みを感じたりということになりがち。アレルギーでなかったはずなのに、アレルギー?と思うような症状も出やすくなります。
忙しい人は、体調がよいときに合わせることが難しいかもしれませんが、やはり体調がよいときがヘアカラーをするにはベストな時期だということが言えるようです。

 からだのことを考えて負担にならないヘアカラーを使いたい!

 おしゃれや気分転換をしたいけど、ヘアカラーで健康を害したくないですね。何かいい方法はあるのでしょうか。
答えはYES!家庭用のヘアカラーでもそのような商品はあります。
からだに優しい商品の多くは、動物実験していない商品が多く、染め上がりも穏やかなようです。ですから、自分が思っている色よりやや明るめの色を選んだ方が仕上がりに関しては納得の行く色になります。
ただし、からだに負担の掛からない成分を使っているので、この手のヘアカラーそのものは結構お値段は高め。一般のヘアカラー剤の2倍くらいになっています。しかし、長い目でみればこれくらいの負担で健康的にヘアカラーができれば安いくらいなのかもしれません。

ヘアカラー剤でアレルギー症状が・・・

ヘアカラーで起きるアレルギー症状で多いのが、皮膚のアレルギーです。
皮膚が赤く腫れたり、痛みやピリピリとした刺激を感じたり、ときには症状が頭だけでなくからだ全体に広がることもあります。

最近よく聞く、経皮毒

生理用ナプキンがよくないということで布ナプキンが流行していますが、これと同じように皮膚が悪い成分を吸収して体内に溜まってしまいます。
経皮毒はヘアカラーでも起きます。

発がん性がある・・・すぐに癌にならなくても、その可能性は全く使用していない人に比べて高いようです。

白髪が多くなる・・・髪の毛のカラーリングをしている人は若くして白髪が出やすい傾向があります。常にカラーリングをしているのであまり本人は気が付いていないことも多いです。

肌に優しいヘアカラー

お勧めはシャンプーの際に使うもの。1度で染まることがないのが、肌に悪い影響がすくないのかな?と思います。
臭いもあの薬剤の臭いがしません。ですから、シャンプーをする手間だけで髪を染めるのが可能という使いやすさもいいですね。

まとめ

ヘアカラー剤が、からだに良いものでないことはなんとなく分かっていましたが、からだに悪いものを使っていてもなんともない人がいるのも事実です。また、すぐにアレルギーが出るわけではなく、しばらく経ってから出てしまうこともあるので注意が必要です。
経皮毒というものが、主に胸や子宮などの女性特有の臓器に影響があるようです。これから赤ちゃんを産む予定の人は特に気を付けた方がいいでしょう。 

著者情報

自分に素直に生きることをモットーにしています。

本記事は、2014年12月11日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。