綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,840 記事

こんなに変われる!?足の矯正で美脚になれる~O脚でも美脚になれる悪い習慣改善方法~

2014年12月18日更新 | 13,373 views | お気に入り 452

皆様、はじめまして。
脚線整美師の中村希実と申します。

突然ですが…
「あなたは、自分の脚に自信がありますか?」

以前何かの調査で、日本人女性にこの質問をアンケートしたそうなのですが、一体どの位の女性が「はい」と答えたと思いますか?

答えは…10%!

なんと日本人女性の90%、10人中9人の女性は、自分の脚に自信がないと答えたのだそうです。ちなみに同調査で韓国の女性にも同じ質問をしたところ、なんと80%もの女性が「はい」と答えたのだそうです。日本人らしい謙遜もあるかもしれませんが、脚に自信を持つ日本の美脚人口は、それ程少ないのですね。

脚にまつわる悩みの中でも、日本人に特に多く見られるのが、O脚のお悩みです。ということで今回は、O脚でお悩みの女性のために、O脚の原因となる姿勢習慣とその改善法についてお伝えしたいと思います。

O脚をつくる座り方

O脚など脚線の歪みは、毎日の生活習慣や癖の中で形成されています。
ほとんどの場合が、「何気なく」「悪気なく」「無意識で」毎日毎時間、O脚習慣を続けてしまっているので、自分でO脚を作り続けていることに自覚がありません。

例えば、皆様は、気が付くとこんな座り方していませんが?

え?何が悪いの??と思われた方も多いかもしれませんが、この3つの座り方は、全て、O脚の原因になり得る座り方です。

左から・・・

  • 肘乗せ前傾座り
  • 足首組み座り
  • 前のめりつま先開き座り

一つずつ解説していきましょう。

肘乗せ前傾座り

この肘乗せ前傾座りは、O脚女性に多い座り方です。肘を起点に上半身を机に「乗っける」ことで、胸(肋骨)が下に落ちて下腹が垂れ、また、骨盤が前に傾くことで、自然と骨盤が張り出してお尻が緩みます。この座り方は、デスクワークの際などに無意識に取ってしまいがちの姿勢ですが、O脚の骨盤を作るだけでなく、猫背の原因にもなりますので、できるだけ机に肘と重心を乗っけない様に気を付けましょう。

足首組み座り

この足首組み座りは、膝下が歪んでいる方に多く見られる座り方です。気付いたら靴の外側がすり減っている方などは、この座り方が楽に感じるようです。特にO脚と膝下の歪みが気になる方は要注意です。

前のめりつま先開き座り

 

この前のめりつま先開き座りは、特に洋梨体型の下半身太りで悩む方に多く見られる座り方です。胸を前に突き出して骨盤を過度に前傾することで、骨盤の下部とお尻、裏ももが緩んで広がります。骨盤が過度に前傾すると足先を開きたくなるので、つま先が開くのは骨盤前傾のしるしです。脚やお尻が大きくて悩んでいる方やO脚など脚線の歪みをお持ちの方は、注意して下さい。

O脚や脚線の歪みの原因となる習慣(座り方)が分かったら、それらの習慣をできるだけ毎日の中から排除して、歪みを作らせない習慣、「美脚習慣」に書き換えましょう。美脚習慣の一つ、美脚座位をご紹介します。

美脚を作る座り方

①恥骨(股間の骨)~おへそ~みぞおちを結ぶラインを一直線にし、床に対して垂直になるようにする。

②胸のトップを対象物(この場合パソコン)に対してまっすぐ向ける。

②骨盤の上にドスンと乗らない様、つむじを3cm点に向かって引き上げる。

この美脚座位を正しく取ることができると、自然とおへそと胸の位置(骨盤と肋骨の位置)が持ち上がってお腹が締まり、骨盤が締まってお尻や内腿にも程よく緊張感が感じられます。
長時間デスクワークを行う時は、できる限りこちらの美脚座位を保つようにキープしてみましょう。

長く続けられるほど、緊張感や締まり感を感じている部分が自動的に引き締まり、O脚の改善や美脚への大きな足掛かりになります。

O脚改善エクササイズ

それでは、最後のプロセス、O脚の修理エクササイズに進みましょう。O脚の改善には、個人差はありますが、内転筋や臀筋(お尻の筋肉)を鍛えてあげることが肝心です。次のエクササイズを、ポイントを守りながら試してみて下さい。

①膝をを曲げて仰向けになり、股の間にボールを挟んで足の間はこぶし一個分空けます。

②下腹を縮めて恥骨をおへその方に向かって引き上げ、骨盤を後傾します。
この時、同時に内腿でボールをギュッと潰すようにすると、お尻と内腿に締まる感覚が出ます。

③骨盤を後傾しながら股関節の付け根を伸ばしていきます(白い点線)。
そうすると自然にお尻が床から離れていくので、そのままできるだけ股関節を伸ばしてお尻を持ち上げます。
お尻と内腿に強い収縮感を感じます。

④ゆっくり骨盤を①のポジションまで下します。

【回数】
①~④を8回程度繰り返しましょう。

※NGフォームは、股関節が曲がって腰が反った状態でお尻を持ち上げています。

この姿勢になるとお尻と裏ももが緩んで鍛えられません。
くれぐれも骨盤を後傾させて股関節をしっかり伸ばす点を意識しましょう!

歪みを改善する上で重要なのは、何より正しくエクササイズを行うことです。ポイントをしっかり意識しながら、できるだけ正しくエクササイズを行ってください。

最後に

では最後に、私自身のBefore&After写真をご紹介したいと思います。
同じ場所で撮影した、私が超O脚だった9年前の写真と、脚線整美メソッドでO脚を整美した現在の私のBefore&Afterです。

【Before】

【After】

O脚はとても長い歳月をかけて身体に刻み込んだ彫刻の様なものですから、すぐに改善することは難しいですが、腰を据えて毎日地道に美脚習慣を心がけ、エクササイズを続けて行けば、少しずつ解消に向かっていきます。
写真をご覧いただいて、皆様に少しでも希望を感じてらえたら嬉しいです!

著者情報

脚線整美師。 STUDIO脚光美芯代表。

本記事は、2014年12月18日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。