綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,844 記事

日本三大美肌の湯で綺麗になる!綺麗になる理由と入浴方法とは?

2014年12月22日更新 | 2,717 views | お気に入り 413

美肌の湯

休日には三大美肌の湯に行って綺麗になっちゃいましょう!日本各地にある美肌の湯3箇所はどこなのか気になっていた方は参考にしてみて下さいね。それぞれのお湯の特徴と、美肌になれる入浴の仕方を紹介します。

日本三大美肌の湯とは?

日本三大美肌の湯とは肌に良い効能が得られる温泉で、佐賀県の嬉野温泉・島根県の斐乃上温泉・栃木県の喜連川温泉の3箇所です。中央温泉研究所にて選ばれました。

佐賀県の嬉野温泉

嬉野温泉(うれしのおんせん)と呼びます。温泉の質が美肌に良いだけでなく、名建築を楽しめる宿の西日本部門3位にも選ばれているのだとか。シンプルな内装で和を取り入れている部分が落ち着けそう。無色透明のナトリウムを含むお湯が角質化した肌に潤いを与えるそうで、入浴後はつるつるになると評判の湯です。ナトリウムは古い角質を柔らかくし、皮脂を乳化させて汚れを落とす効果が期待できるんですよ。

島根県の斐乃上温泉

美肌の湯

斐乃上温泉(ひのかみおんせん)と呼びます。島根県は大手化粧品会社が調査した所、美肌県1位だということが分かったのだとか。日照時間が短い、湿度が高いなどの影響もあるのですが、なんといっても美肌の湯として知られる温泉もありますからね。アルカリ性単純温泉で、湯上りはつるつるになると評判です。大きな窓から見える四季折々の自然も魅力です。

栃木県の喜連川温泉

喜連川温泉(きつれがわおんせん)と呼びます。温泉はナトリウム温泉です。かんぽの湯を利用すればリーズナブルなお値段で宿泊できます。ペットと宿泊可の部屋が利用できたり、スポーツやレジャー、温泉と3つの楽しみ方があります。他にも宿泊施設が全部で4つ、日帰り入浴は4軒利用できます。道の駅きつれがわで手軽に楽しむのもいいですね。

☆綺麗になれる!全国おすすめの美人の湯はこちらから

美肌にいい温泉の入り方

美肌にいい入浴

美肌に良い温泉に入るならもっと効果を高めたいですよね。そこで取り入れるのがヒートショックプロテインという入浴方法です。このやり方は自宅でも活用することができます。

41度くらいのちょっと熱めのお風呂に15分入る
体温を38度以上に高める

ポイントはこの2つのみで、熱によって壊れたたんぱく質が再生しようとして、ヒートショックプロテインというたんぱく質が多く生成され、これがシミやシワにいいのだとか。コラーゲンを作る作用もあるそうです。毎日この入浴方法だと効果が落ちやすいため、週に1回~2回くらいがおすすめです。

まとめ

休日などを利用して三大美肌の湯を利用してみましょう!遠方でなかなか利用できない方は、ヒートショックプロテインを利用し自宅で美肌を目指してみてくださいね。

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

本記事は、2014年12月22日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。