綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,860 記事

女性ホルモンアップには油が必要?

2014年12月24日更新 | 3,817 views | お気に入り 608

油と聞くと、「太る原因」とか、「肌がベトベトになる」といったマイナスイメージがありますが、それは本当なのでしょうか?

実は油は女性にとってはとても大切なものなんです。
油と女性ホルモンの関係、そして効率的な油の摂り方を紹介ます。

女性ホルモンと油の関係

女性ホルモンが減少すると・・・

女性ホルモンは、女性の体と心を健康に保つために欠かせないものです。
女性ホルモンが不足してしまうと、体調が悪くなるだけでなく、心も不安定になってしまいます。
また、美容面でも肌荒れやニキビ、しわやしみなどの肌トラブルを起こしてしまいます。

女性ホルモンが急激に減少する更年期に、心身の不調といった症状が強くなるのは女性ホルモンの量が絶対的に足りないということから起こるのです。

女性ホルモンは油でできている?

女性ホルモンの原料はズバリ油です。意外と知られていませんが、油によって女性ホルモンはできているんです。そのため、体内の油が不足してしまうと女性ホルモンの量も減ってしまい、様々な心身の不調が現れてしまいます。

女性ホルモンを増やす油とは

油の種類

油と言っても何でもかんでも摂れば良いというものでもありません。
油は大きく分けて2種類に分かれます。

飽和脂肪酸

肉やバター、乳製品などに多く含まれている油が飽和脂肪酸というものです。
飽和脂肪酸は、摂りすぎると悪玉コレステロールが増えてしまうので、余り摂りすぎるのは良くありませんね。

不飽和脂肪酸

植物から採れる油の多くは不飽和脂肪酸です。
不飽和脂肪酸の特徴は悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす作用を持っているというところですね。
健康と美容のためには、不飽和脂肪酸系の油を摂る方が良いでしょう。

さらに、不飽和脂肪酸はオメガ3、オメガ6、オメガ9の3種類に分類されます。

女性ホルモンを増やすのはオメガ3

不飽和脂肪酸の中でも女性ホルモンに作用するのがオメガ3が豊富な油です。
オメガ3を多く含む油がこちら。

●エゴマ油
●亜麻仁油
●青魚の油
●シソ油     etc・・・

一日の摂取量

女性ホルモンを増やすのに効果があるからと、摂りすぎるのは良くありません。
一日に摂るべき量は小さじ1杯くらいでOKです。

また、オメガ3を含む油は酸化しやすいので、できれば火にかけずに摂るようにすると良いでしょう。サラダや、カルパッチョ、温野菜などにかけて食べることをおススメします。

最後に

ビタミンたっぷりのサラダと一緒に油を摂れば、さらに美しくなることでしょう。
女性ホルモンをアップし、元気あふれる美しい女性になるためにも、油をちゃんと摂るようにしましょうね。

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

本記事は、2014年12月24日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。