綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,764 記事

爪の状態で、健康をチェックしよう!

著者情報

自分に素直に生きることをモットーにしています。

2015年1月22日更新 | 4,824 views | お気に入り 254

からだの不調は爪に現れる

 実は爪に健康状態が現れるんです。とは言っても、どのような爪の状態のときにどんな健康状態になるかは割と知られていません。
知っていると役に立つ爪と健康状態の関係について探ってみました。

まずは爪について基本的なことから

爪は、1日で約 0.1ミリづつ伸びます。爪全体が生まれ変わるのに約半年かかると言われています。
手の爪と足の爪がありますが、足の爪は手と比べて2倍近く伸びるのが遅いという特徴があります。
確かに足の爪って、手の爪より切る機会が少ないですものね。

爪の色で健康診断

爪の色で健康診断をすることが可能です。健康な爪はピンク色をしています。

赤っぽい爪

血が増え過ぎたり赤血球が増えすぎると赤っぽい爪になります。
心臓疾患にも注意が必要です。

爪に赤い出血点のある場合は、心臓内膜炎などの病気がある場合も。

爪が紫がかった赤という場合は、血流に問題がある場合もあります。

白っぽい爪

 一般的に貧血や腎臓病の場合に白っぽくなることがあります。

全体が白濁している場合は、肝臓疾患や腎臓疾患の可能性が。

黒っぽい爪

 副腎皮質の病気で黒っぽい爪になることがあります。1本だけ黒いという場合はすぐに病院での診察をお勧めします。

 黄色っぽい爪

 爪が黄色くなってむくみが起きている場合は、心臓や肺に病気があることも。

いつもネイルをしていると爪の本来の色を知ることができません。たまにはネイルを落として自分の爪を見てみましょう。

 爪のかたちで見る健康状態

実は爪のかたちでも健康状態を知ることができるんです。知らなかったという人も多いかと思います。

上向きに反り返る

爪の先に向けて反り返るようなかたちとなった場合は、十二指腸の病気や下痢傾向など体力を消耗させるような疾患の可能性があります。
貧血や脊髄疾患などの可能性もあります。

半円形の爪

腎臓が弱いと半円形の爪となることがあります。
元々腎臓が弱い場合も、大人になって腎臓が悪くなった場合でも半円形の爪となります。

この他にもさまざまな特徴があります。爪の形が変わってきたら、そのままにせずにからだからのサインという場合が多いようです。クリニックで診察してもらうことをお勧めします。

爪の変化から読み取る

爪の変化は割と気が付きやすいでしょう。

縦線が多い爪

爪に縦線が多いという場合は、胃腸が弱って来て栄養の吸収が悪くなっている状態です。爪の変化として一番見られる状態です。筆者も実は爪の縦線が多いことで不安を持っていましたが、実は縦線になってしまうことの主な原因は加齢によるものです。(残念・・・)

爪に凹凸がたくさんある爪

これは乾癬をはじめとする皮膚病に掛かりやすい状態でいると爪に凹凸が現れます。

二枚爪

割とよく聞く二枚爪ですが、これは見た目にも生活にも支障を来します。
たんぱく質不足や指先が冷える冷え性の人にも多い傾向があります。

爪がもろい

  爪がもろいことで手を使う作業が思ったように進まないという意見が多くあります。爪のもろさの原因は、貧血や栄養不足。ハードなダイエットを行っている人に多い傾向があります。
ダイエットをするのであれば、しっかりと栄養を取った上で行うことが大切です。

最後に

爪トラブルの中でも割と起きやすいものを紹介しました。この他にも爪による不健康サインはいくつかあります。
早く気が付くことで生活を見直すことができます。
主に栄養面での問題が爪には現れやすくなっています。無理なダイエットや不規則な食生活で健康を害さないようにしましょう。

本記事は、2015年1月22日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。