綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,844 記事

根菜はなぜ冷えの改善に効果があるの?根菜で温活!

2015年1月8日更新 | 3,870 views | お気に入り 477

根菜はナゼ体が温まるの?

根菜の効果

根菜は体を温め、冷えを解消する効果があると言われています。普通のお野菜なのになぜそのような効果があるのか不思議ですよね。
根菜はなぜ体を温めるのでしょうか?その理由がこちら。

水分が少ない

キュウリやトマトといった夏野菜は水分が多く含まれています。
そのため夏野菜を食べるとその水分が体に吸収され、体熱を下げる効果があります。
その反対に、根菜は水分が少ないのが特徴です。食べても水分が体に吸収されないので、体熱を下げません。

ミネラルが豊富

ビタミンC・E、鉄分といったミネラルが豊富なのが根菜。
ビタミンEは血行を促進し、ミネラルはタンパク質を作ります。これらの作用によって体のエネルギー代謝がアップするため、体がポカポカと温まるのです。

温かい状態で食べる

キュウリやトマトはサラダとして生のまま食べることが多いですが、根菜は加熱して食べますよね。根菜をガリガリ生でかじることなんてまずありません。
根菜はスープや煮物といった温かい状態で食べるため、食べると体が温まります。

それでは根菜を使った冷え症改善レシピを紹介します。

根菜入り参鶏湯風スープ

~材料~(2人分)
鳥手羽元・・・6本
かぶ・・・2個
人参1/2本
ねぎ・・・1/2本
生姜・・・適量
にんにく・・・適量
鷹の爪・・・1本
鶏がらスープの素・・・大さじ1杯
塩・こしょう・・・適量
水・・・600~800ml

①鳥手羽元は数か所包丁かフォークでグサグサ刺しておきましょう。

②かぶ・人参は5mmくらいにスライス。かぶの葉っぱもみじん切りにしておきましょう。

③生姜とにんにくはみじん切りにして下さい。(無ければチューブでもOK)

④お鍋に水と材料を入れます。(かぶの葉っぱ、鶏がらスープの素、塩・こしょう以外)

⑤グツグツしてきたら鶏がらスープの素を入れ、20~30分程、弱火でコトコト煮ます。

⑥最後に塩・こしょうで味を整え、取っておいたかぶの葉っぱを散らして完成です。

蓮根や大根、ごぼうなどの他の根菜をプラスするとゴージャスになります。
但し、かぶと生姜は特に体を温める効果が高いので、必ず加えて下さいね。
残りの冷ご飯を入れるとボリュームアップしますよ。(水加減は多めです)

最後に

参鶏湯は温かくて冬にぴったりなお料理です。
かぶを加えることでトロトロになって、とっても美味しいので是非試してみて下さい。

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

本記事は、2015年1月8日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。