綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,832 記事

朝に起きるのがつらい!女性ならではの原因と改善方法

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

2015年1月14日更新 | 26,634 views | お気に入り 336

 

朝に起きるのがつらい原因

「朝起きるのがつらい」「起きても体がだるい」といった女性も多いことでしょう。
「低血圧だからしょうがないの・・・」なんて可愛らしい言い訳が通用するのは、学生のうちです。社会人ともなればどんなに朝が辛くても、シャキッとしなければなりませんよね。

しかし、どんなに頑張ってもつらいものはつらいもの。
朝、起きるのがつらいのにはそれなりに理由があります。
多くの人に見られる原因がこちら。

  • 睡眠不足
  • 体内時計の乱れ
  • 睡眠の質の低下
  • 生活習慣の乱れ
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • ストレス  etc・・・

いろいろな原因がありますが、生活や食事を見直すことで、朝起きるのがつらいのは改善することができます。

女性ならではの原因?

しかし、中には規則正しい生活をしているのに朝がつらいという人もいることでしょう。それはもしかしたら女性特有の原因かもしれません。
女性特有の原因の場合、なかなか気付きにくいので原因がわからず改善もしにくいのが特徴です。それでは、女性特有の原因がこちらです。

低血圧・低体温が原因

女性は男性に比べて、体の筋肉量が少ないため低血圧になりがちです。
最近では「低血圧は朝には関係ない」なんて厳しい意見もありますが、体の血の巡りが悪いのに、朝から「ウオー!!元気だー!!」なんて人はいません。
低血圧によって、体の血の巡りが悪くなっていれば頭や手足に十分な血液が巡らず、ボーとしたり、手足がだるかったりします。

また、低体温も朝がつらい原因となっています。低血圧と同様に、筋肉量が少ない女性は低体温である率が男性よりも高いです。
低体温だと脳からの指令が鈍くなってしまい、上手く交感神経が働きません。また自律神経にも悪影響を及ぼし、めまいや立ちくらみを引き起こしてしまいます。

低血圧・低体温によって、朝スムーズに動けないことで体の代謝も上がらず、ず~とつらい状態が続いてしまうこともあります。

「低血圧・低体温→血の巡りが良くならない→朝がつらい→代謝が上がらない→最初に戻る・・・」
魔の無限ループの完成です。

低血圧・低体温の場合の改善方法

●運動をする
筋肉があれば自然と血流が良くなります。筋肉をつけるために運動をしましょう。
●お風呂で血流を良くする
寝る前にはお風呂にゆっくりと入って血流を良くしましょう。
●白湯を飲む
朝起きたらまずはお白湯を飲むようにしましょう。お茶やコーヒーは体温を下げてしまうのでNGです。お白湯を少しずつ飲むことで体温が徐々に上がりますよ。
参考記事→平子理沙もやっている白湯とは?効果と正しい白湯の作り方
●ストレッチ
お布団からでたら軽くストレッチをしましょう。無理にハードな動きをする必要はありません。体を伸ばしたり曲げたりするだけでOKです。

 女性ホルモンが原因

もう一つの女性ならではの原因がホルモンのバランスです。
女性ホルモンのバランスが良くないと、心身に不調を起こしてしまいます。だるかったり、イライラしたり、朝がつらかったり・・・
女性ホルモンのバランスが乱れやすい思春期・月経前後・産後・更年期には、この事が原因となって朝がつらくなる場合があります。

女性ホルモンが原因の場合の改善方法

●ビタミンE・Dを多く摂る
ナッツ類やヨーグルト、チーズなどの乳製品を多く摂るようにしましょう。
ビタミンEやビタミンDは体内のエネルギー作りの素となります。朝、エネルギーをしっかりと作りスッキリと動き出せるようにするためにも、しっかりと摂るようにしましょう。
●大豆製品を食べる
大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをします。そのため、女性ホルモンが乱れている時には手助けをしてくれる成分です。大豆でできた豆腐や納豆、お味噌汁を摂るようにしましょう。
●アロマを利用する
朝、アロマを利用するのもおススメの方法です。スッキリと目覚めさせてくれるペパーミントや柑橘系のアロマを嗅ぐと頭がスッキリとしますよ。
参考記事→アロマを生活に取り入れてみよう!心と体に優しいアロマ生活の方法

最後に

女性ならではのつらさってあるものです。上記の改善方法を実行してみても良くならないという場合は、無理をせず婦人科を受診してみるのも良いですよ。無理は心身を蝕んでしまうので絶対にダメです。
ゆっくりと焦らず改善していき、爽やかな朝を迎えられるようになりましょうね。

本記事は、2015年1月14日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。