綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,850 記事

オロナインで美肌になれる?使ってなっとく!オロナインの美容活用術

2014年12月26日更新 | 33,008 views | お気に入り 482

 
出典元 http://www.otsuka.co.jp/ohn/

どの家庭でも、救急箱に入っているお薬のひとつがオロナイン。
誰でも一度は使ったことがあるお薬ですよね。
オロナインは昔からある、ちょっとした傷や火傷の治療薬として使われるお馴染みの外用薬です。

このオロナイン。実は怪我を治すだけじゃないんです。
知って得するオロナインの美容活用術を紹介します。

オロナインってどんな薬?

オロナインの成分と効能

まずはオロナインとはどういったものなのかを知りましょう。

~オロナインの主成分~

●クロルヘキシジングルコン酸塩・・・殺菌消毒作用
●ラウロマクロゴール・・・乳化剤
●ポリソルベート80・・・乳化剤
●グリセリン・・・保湿成分
●オリブ油(オリーブオイル)・・・保湿成分
●ワセリン・・・保湿成分                         etc・・・

オロナインの主成分はクロルヘキシジングルコン酸塩という殺菌・消毒作用のある成分です。後は、成分を肌に塗りやすくする乳化剤と、肌の保湿作用のある成分で作られています。

肌に負担をかける防腐剤や強い作用を持ったステロイドは配合されていません。赤ちゃんや肌の弱い人でも使える理由が、配合成分からわかりますね。

~オロナインの効能~

●ニキビ・吹き出物
●擦り傷・切り傷
●軽度の火傷
●水虫・いんきん・たむし
●ひび・しもやけ・あかぎれ     etc・・・

オロナインの効能を見ると、軽い皮膚疾患ならば効果があるのがわかります。
あらためて見ると、オロナインってとっても優秀な外用薬なんですね。

オロナインの美容活用術

オロナインの成分や効能を知ったことで、肌にとても良い薬だという事がお分かりいただけたと思います。
それでは、オロナインの美容活用術を紹介しましょう。

赤ニキビに

オロナインは殺菌・消毒作用があるので、炎症を起こした赤ニキビに効果があります。
オロナインを塗るとベタベタして、かえってニキビを悪化させてしまうイメージがありますが、実は反対なのです。オロナインを塗ることで赤ニキビが徐々に治ってくるので、ニキビで悩んでいる人は是非使ってみて下さい。

日焼けの後に

「紫外線を浴びすぎちゃったな~」なんて日は、夜オロナインを塗りましょう。オロナインは軽い火傷に効果があるので、軽い火傷のひとつである日焼けにも効果があります。一晩オロナインを塗って眠ると、肌のほてりが解消されますよ。

お風呂でオロナインパック

オロナインを塗ると、毛穴の汚れが溶けて取り除きやすくなります。
毛穴の汚れをスッキリ取るために、お風呂でオロナインパックをしましょう。
湯船に入っている時に、毛穴の汚れが気になるパーツにオロナインを塗ります。5~10分したら、お湯で洗い流しましょう。その後洗顔料で洗えば毛穴の中の汚れがスッキリ落ちますよ。

乾燥肌に使おう~おススメ!~

冬場と言えば気になるのがお肌の乾燥。
保湿効果のあるスキンケアを使ってもなかなか乾燥肌が治らない・・・なんて時にはオロナインの出番です。オロナインには、グリセリン・オリーブオイル・ワセリンなどの保湿成分がたっぷり入っています。そのためとても保湿効果が高いんです。

またオロナインは、傷の修復作用も持っている性質から、肌の乾燥によってできてしまった細かい肌の傷も治してくれます。保湿をしてくれる上に、肌の傷まで治してくれるなんて、とっても嬉しいものですよね。

乾燥が気になる箇所にオロナインを塗りましょう。寝る前に塗っておくと、朝お肌がツルツルになりますよ。
但しオロナインには独特のニオイがあります。枕や布団カバーにニオイが移らないように大きめタオルで寝具をカバーしておきましょうね。

使う際の注意点


出典元 http://www.retro-kanban.com/otsuka/

オロナインはあくまでも医薬品なので、使い方には注意が必要です。
注意点をまとめてみました。

●毎日は使わない・・・特に肌トラブルが気になるときにだけ使いましょう。
●目に入らないように気を付ける・・・顔に使えますが、目には入らないようにしましょう。
●日中は使わない・・・メイクの下に塗るのは絶対NGです。使うのはスッピンの時だけです。
●かゆみ・発疹・赤みなどの皮膚の異常が現れたらすぐに使用を止めましょう。

最後に

著者は乾燥肌なので、どうしてもカサカサが治らない時にはオロナインのお世話になっています。スキンケア用品ではないので、ベタベタして使用感は良くありませんが、効果は抜群です。乾燥肌の人には是非試してもらいたいです。

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

本記事は、2014年12月26日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。