綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,878 記事

冬に加速するエイジングサインにストップ!馬油を使ってのスキンケア

著者情報

アンチエイジングアドバイザー・@cosme公認ビューティスト

2015年1月7日更新 | 19,542 views | お気に入り 414

エイジングサインが加速する冬!その理由とは?

冬は空気の乾燥や暖房の影響で肌の乾燥に悩まされる季節。
また、冬は寒さにより血行不良に陥り代謝が悪くなります。
この他にも冬は皮脂膜が不足し、肌が無防備な状態に陥りやすい傾向にあります。その結果ターンオーバーが遅れ、シワやシミ、たるみ、くすみなどのエイジングサインをまねく要因に。つまり、冬はエイジングサインが加速する季節と言えます。

冬のスキンケアでは、保湿と代謝をよくするようなケアを心掛けることが大切。そこで、今回は、冬のスキンケアにおすすめの「馬油」の効能に注目し、馬油を使用したスキンケア法についてご紹介します。

馬油を使ってのスキンケア

馬油には、シミ、ニキビ、乾燥、肌荒れなどに効果があると言われています。
この馬油の効能に注目し、スキンケアに使用されている方は多く、筆者の母の知人に約40年馬油を愛用されている方がいらっしゃいます。その方は、色白で、現在80代とは思えないほどシワもシミもたるみもあまり見当たらない驚異的な美肌の持ち主。
その方の美容法にいくつかヒントを得て、馬油を使ったスキンケアの方法をご紹介します。

血行不良改善(代謝アップ)・リフトアップにはマッサージ!

馬油には代謝を高める効果があると言われています。
マッサージにも同様の効果があるため、馬油でマッサージを行うことは相乗効果を期待できる可能性大!オイルには油やけを起こすものがあり、朝の使用を控えなければならないものもありますが、馬油は油やけを起こすことがないため、朝でも安心して使用することができます。
また、微量ではありますが、馬油には紫外線防止効果があると言われています。

【馬油マッサージの方法】

1. 乾いた手のひらに馬油をティースプーン1杯程度とります。

2. 手のひらを合わせ馬油を温め、柔らかくしてのばします。

3. 乾いた状態の顔に2の状態の馬油をなじませ、マッサージします。マッサージの際は、

リンパ(こめかみ→耳のつけね→デコルテ)の順に、老廃物を流し込むイメージで行いましょう。
また、この際皮膚を引っ張ることはせず、指の腹を使って優しく行ってください。

お顔のマッサージ方法

乾燥、シワ、ハリ・弾力の低下にはまず保湿!

馬油には高い保湿効果があると言われています。また、馬油は人間の皮脂に最も近い脂であると言われており、高い浸透力が魅力です。クリーム代わりやブースター、パックとして使用するほか、以下のような保湿方法があります。

カスタマイズしてオールインワンに

1. 洗顔またはクレンジング後、前述の要領で馬油マッサージをします。

2. 手のひらに小豆2粒程度の馬油を手に取り、美容液をいつもの半量程度混ぜ合わせます。

3. 2の状態の馬油を顔になじませます。要領としては、下から上に向かって引き上げるようにしましょう。

馬油でクレンジング

1. ポイントメイクはあらかじめ落としておく。(石けんで落せるようなポイントメイクの場合は事前に馬油でオフし、ティッシュオフ可。)

2. 馬油をティースプーン1杯程度手のひらにとり、手のひらで温めます。

3. 2の状態の馬油を全顔に塗り、素早くクレンジングしてからティッシュオフします。

筆者が実感した馬油のスキンケア効果

長期的に馬油を取り入れた上記のようなスキンケアを行うことで筆者自身、目元の小じわが消え、頬の毛穴が引き締り、乾燥が緩和され、肌のツヤが増したという、嬉しい効果を実感することができました。
美容効果には個人差がありますが、馬油は肌に優しく、お値段も手頃なため、お試しされる価値大!

この他、馬油はリップケアやネックケアなどにも使用することができます。古くは「薬」のような役割を果たしてきた馬油。
冬こそアンチエイジング、美肌のために活用されてはいかがでしょうか?

※筆者自身が現在愛用しているのはソンバーユの無香料タイプです。
クレンジングに使用する馬油は肌なじみがよすぎず、オイル性の高いものを、リップケアに使用する場合は純度の高いものを使用することをおすすめします。

※馬油の様々な効能を知ってフル活用されたい方にはこんな本もおすすめです。

 

本記事は、2015年1月7日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。