綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,855 記事

大好きな人とずっと一緒にいたい! 恋愛を長続きさせる方法

2015年1月13日更新 | 8,396 views | お気に入り 558

「彼とずっと一緒にいたい!」 そう願いつつも、恋が長続きしないことに悩む女性は多いものです。
今回は、大好きな人と長く一緒にいるための方法を、3つのお悩みとその解決法という形でご紹介します。

1、彼のことが信じられず、束縛してしまう

恋がすぐに終わる原因の1つに、「彼のことが信頼できず、過剰に束縛してしまう」というものがあります。そういう方に多いのが、

  • 交際相手を、自分の所有物のように思っている
  • 過去の経験や一般論で、「男性は浮気をする」と決めつけている
  • 付き合いだすと、彼のことばかり考えてしまう

という傾向です。
一途で真面目とも言えるのですが、付き合った途端に管理しようとしたり、常に疑いや不満をぶつけたりしては、彼も疲れてしまいます。友人との時間も大切にする、仕事や趣味に熱中するなどして、気持ちが恋愛だけに向かわないように気をつけましょう。
急にはやめられないという場合は、彼に「好きだからこそ不安になる」、「少しずつ自分も変わりたいと思っている」ことを伝え、心地良く過ごすためのルールを、「2人の大切な約束」として、ひとつひとつ丁寧に決めていくと良いでしょう。

2、尽くしすぎて「重い」と言われる

「さんざん尽くしたのに、『重い』と言われて振られる」、そんなパターンにはまっていませんか。

そんなときは、自分の行動が本当に「彼のため」なのか冷静に考えてみましょう。
最初は、彼を喜ばせたいという純粋な気持ちだったとしても、途中から、自分が満足したり安心したりするためのものに変わっているかもしれません。そうなると、無意識のうちに「ここまでしたんだから、私を愛してくれるはず」という思いが生まれやすくなります。
彼が感じる「重さ」の正体は、愛情の総量ではなく「見返りがほしい」という無言の圧力です。

良い関係を長く続けたいなら、愛されているという自信を持ち、思いを相手に押し付けないことが大切。何かをしてあげたくなったら、気軽にできることから始めましょう。彼に負担を感じさせない心くばりをするのも立派な愛情表現です。

3、恋のトキメキが失われてしまう

「大好きな人と一緒にいたい!」という言葉には、お互いに「好き」という気持ちやトキメキを保ちながら、という願いも込められているのではないでしょうか。

残念ながら、経験が増え、彼と過ごす時間が長くなるほど刺激は減ってしまいます。恋のはじまりのようなドキドキ感を長く大切にしたいなら、2人にとっての「初めて」を大事にすることを心がけてみましょう。
長く続くことを前提に、あえて恋をスローペースで楽しむ方法です。

付き合いはじめはすべてが新鮮で楽しいもの。
その時期は、「初めて」を消費しすぎないようにします。「初デートは初めての遊園地。新しく買ったデート服を着て、初めて作ったお弁当を持参!」のように色々な要素を詰め込みすぎると、後で息切れをしてしまいます。
ドキドキ感が強い時期ほど、ほんの少し会うペースを落とすなどして一緒に過ごす時間の価値を高めましょう。最初から飛ばしすぎないことでトキメキが持続しますし、2人で「初めて」を探して楽しむ習慣ができると、交際期間が長くなっても新鮮さを失わずにいられます。

恋愛の醍醐味は好きな人とのコミュニケーションです。「私は束縛するタイプだから」などと決めつけて自分のスタイルを押し付けるのではなく、大切な人を信じ、柔軟性を持って一緒に良い関係を築く努力をしましょう。そうすればきっと、恋愛が長続きする確率も高まるはずですよ。

著者情報

コミュニケーションスタイリスト All About 恋愛ガイド

本記事は、2015年1月13日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。