綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,863 記事

美脚になれるヨガのポーズ

2014年8月25日更新 | 18,171 views | お気に入り 786

ミニの似合う美脚になるには?

ショートパンツやミニスカートが似合う美脚は、憧れですね。ヨガのポーズを正しい意識で行うこと、日常生活の立ち姿勢などにヨガの意識を活かすことで、美脚を目指すことができます。
ただ細いだけでない、メリハリのある美脚は、筋肉を理想的につけてこそ叶います。しかし、私たちは立つ時や歩く時の姿勢のクセによって、偏った筋肉の使い方をしているので、脚のラインが崩れてしまうのです。ヨガのポーズを通して、お悩み別に脚のラインを整える方法をご紹介します。

お悩み別のヨガポーズ

ももの前が張り出す

英雄のポーズ2

p074

  • 両脚を、両腕を広げた長さ分開いて立ちます。
  • 右のつま先を90度外へ、左のつま先を正面に向けます。
  • 息を吸いながら、両腕を肩の横へと180度広げ、右を見ます。
  • 息を吐きながら右膝を曲げて、右すねが床と垂直、右ももが床と平行になるようにします。
  • ポーズをキープしながら5回深呼吸をし、吸いながら膝を伸ばします。
  • 反対側も同様に行います。 

※ポーズの間、脚の踵に意識をして体重をかけ、脚を閉じようとする意識を少し持って床を押して立ちます。
ももの前が張り出す人は、つま先に体重がかかり、内ももやお腹の力が抜けていることが、ももの前に負担をかけているので、英雄のポーズでかかとや内ももを意識する練習をします。

ももの外側が張り出す

立ち木のポーズ

1305

  • つま先、膝をまっすぐ前に向けて立ちます。
  • 右膝を曲げて、外へ向けます。息を吸います。
  • 右足裏を左脚の内くるぶしか、内すね、内ももから選んでつけます。
  • 合掌して、深呼吸を5回し、息を吐きながら右足を下ろします。
  • 反対側も同様に行います。

※ポーズの間、軸足で反対の足裏を押し返すように意識をします。軸脚の足指は全て、床に広げてつけておきます。ももの外側が張り出す人は、脚(足)にかかる体重が外側へ逃げているため、外側の筋肉に負担がかかっています。立ち木のポーズで、重心を内側寄りに戻していきましょう。

膝上のお肉が気になる

鶴のポーズ

DCIM1306

  • 両脚を、肩幅の2倍ほど前後に開いて立ちます。
  • 両腕は骨盤に置くか、後ろで組んでおきます。
  • 息を吸って、吐きながら骨盤から背骨をまっすぐ前に倒します。
  • ポーズをキープしたまま、深呼吸を5回繰り返します。
  • 息を吸いながら体を起こします。
    脚を前後交代して、同様に行います。

※両脚の膝を伸ばすために、膝頭をももの方へと引き上げる意識を持ってポーズを行います。膝頭を持ち上げる筋肉は、膝上のお肉のたるみを引き締めてくれます。

ふくらはぎを引き締めたい

ヤシの木のポーズ

p110

  • 足を腰幅に開いて立ちます。
  • 息を吸いながら、広げた両手のひらを天へと持ち上げます。
  • 両かかとをできるだけ高く持ち上げて、深呼吸を5回繰り返します。
  • 息を吐きながらかかとをおろし、今度は両つま先を高く持ち上げます。
  • 膝を伸ばし、かかとでトントンと歩きます。

※両膝を伸ばしてつま先立ちをすると、ふくらはぎにメリハリをつける筋肉「腓腹筋」が使われます。また、つま先を持ち上げると、ふくらはぎの筋肉がストレッチされ、疲れが取れます。

足首を引き締めたい

カラスのポーズ

DCIM1307

  • 両つま先を前に向けて、しゃがみます(膝などが痛い場合は、無理なく曲げられるところまで)。
  • 両手は両脚の外側へ置きます(かかとが浮いて、バランスを取るのが難しい場合は、両手は脚より前に置きます)。
  • 膝に体重をかけ、かかとを床に下ろそうとしながら、深呼吸を5回繰り返します。

※つま先を前に向けることで、脚のゆがみを予防し、ふくらはぎを大きく伸ばすことができます。足首を柔軟にすると、足首が引き締まるだけでなく、股関節も柔らかくなり、脚全体のバランスリセットになります。

いかがでしたか?

ヨガのポーズ自体にももちろん効果はありますが、一つ一つのポーズを正しいフォームで、美脚のために役立つ意識を持って行うことで、より効果的で早道になります。できれば、日常生活の中でも、脚の内側を意識したり、膝を上に持ち上げるなど、できる意識を習慣づけていけると、さらにいいでしょう。

著者情報

ヨガ・ピラティス・美姿勢インストラクター

本記事は、2014年8月25日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。