綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,859 記事

なかなか治らないその鼻づまりと頭痛、副鼻腔炎が原因かもしれませんよ?

2015年2月24日更新 | 5,766 views | お気に入り 518

 

「鼻づまりがなかなか治らない」「ずっと頭が痛い」・・・風邪のような症状がずっと治らない・・・その原因は実は副鼻腔炎かもしれません。

副鼻腔炎は放っておくと慢性化し、治りにくくなってしまう病気です。
長引く鼻づまりに悩んでいる方々、もしかしたら副鼻腔炎かもしれませんよ。

副鼻腔炎と風邪の違い

副鼻腔炎とは、鼻の副鼻腔という空洞が炎症を起こす病気です。
副鼻腔の粘膜にウイルスや細菌が付着することによって起こります。
風邪による鼻づまりと同じような症状ですが、実は病原体となるウイルスは全く別のものです。風邪による鼻づまりは、風邪薬を飲めば抑えることができますが、風邪とは全く違うウイルスが原因となっている副鼻腔炎は、風邪薬で治すことは出来ません。

副鼻腔炎の原因

副鼻腔にウイルスが付着することで起こる副鼻腔炎。
風邪を繰り返して、鼻の中にウイルスが付着しつづけたり、花粉症、アレルギー性鼻炎、気管支ぜんそくなどによって、副鼻腔炎が引き起こされることがあります。

副鼻腔炎の症状

風邪や花粉症と間違えやすい副鼻腔炎ですが、しっかりと症状を見るとその違いが分かります。

~副鼻腔炎の特徴~
●粘り気のある鼻水
●黄色っぽい鼻水
●目の周囲の痛み
●額・眉間の痛み
●歯(上の歯)・頬の痛み
●味覚障害・嗅覚障害

風邪の場合、鼻水は透明なさらさらしたものの場合がほとんどです。
不自然に詰まっていたり、黄色っぽい鼻水は要注意です。
また、目の周辺や頭、歯の辺りを触った時に痛みが増す場合は、膿が溜まっているので副鼻腔炎の可能性が高いでしょう。

★微熱が続いてる方はこちらの記事をチェック!
微熱が続くのはなぜ!?微熱について徹底調査!

副鼻腔炎の種類

副鼻腔炎にはいくつか種類あります。その中でも多くの人がかかるものを紹介します。

~急性副鼻腔炎~
ウイルス感染により、急に副鼻腔炎になる場合があります。
風邪が引き金となることが多いです。
~慢性副鼻腔炎~
急性副鼻腔炎が治らずに長引くと、慢性副鼻腔炎になる場合があります。3か月以上咳や鼻水・鼻づまりが治らない場合は、慢性副鼻腔炎の可能性が大きいです。慢性副鼻腔炎になると、一般的には「蓄膿症」と呼ばれます。
~歯性上顎洞炎~
虫歯や歯茎の病気により、副鼻腔にウイルスが入り込むことが原因の副鼻腔炎です。虫歯は歯だけじゃなく、鼻の病気も引き起こしてしまいます。怖いですね~。
~アレルギー性副鼻腔炎~
アレルギー性鼻炎が悪化したり、慢性化したりすることによって引き起こされるのがアレルギー性副鼻腔炎。ただのアレルギー性副鼻腔炎と違って、頭や顔面の痛みが伴い辛いです。

 副鼻腔炎かと思ったら・・・

「もしかしたら副鼻腔炎?」と感じたら、すぐに病院に行きましょう。
副鼻腔炎は慢性化すると、症状も重くなり治療も大変になります。中耳炎などの合併症も引き起こしてしまうので、症状の軽いうちに病院に行きましょうね。

最後に

風邪や花粉症と間違えやすい副鼻腔炎。
鼻づまりや頭痛が続くようならば、副鼻腔炎の可能性があります。
お子さんのいる人は、副鼻腔炎は子供がかかりやすい病気でもあるので、症状を気を付けて見てあげて下さいね。

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

本記事は、2015年2月24日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。