綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,845 記事

今人気のコールドプレスジュースとグリーンスムージーって何が違うの?

2015年2月24日更新 | 4,639 views | お気に入り 480

284025a28dcfd22d72237ed85e482293_s

海外では既にスムージーからコールドプレススムージーに移行しつつあります。流行に敏感な方ならもうチェックしているのでは?まだ知らない方も日本にぞくぞくと専門店がオープンしているためこれからはじめるのも遅くはありません。コールドプレスジュースの詳細について紹介します。

コールドプレスジュースとは?

低温低圧圧縮方法にてジュースを作る方法です。あまり聞きなれない言葉ですが、日本には導入しているお店自体も少ないため知られていなくて当然です。野菜や果物、ナッツなどを混じりけなしで100%ジュースにしたものです。

ジューサーとの違いは?

コールドプレススムージー

日本で利用されているものはスムージー用のミキサー、100%の絞り汁のみを使うジューサーの2種類があります。どちらかというとコールドプレスジュースはジューサーの原理と似ています。しかし一般的なジューサーとは違う部分があります。

遠心分離せずゆっくり回転するため素材の酸化が少ない
搾りかすが少なく濃いジュースが作れる

一般的なジューサーだと高速回転するため素材が空気に多く触れ酸化しやすくなります。一方コールドプレスジュースは低速回転のため素材の劣化が少なくそのままの栄養価が利用できます。酵素やビタミンの損失も少なく、飲んだときに濃いと感じられます。

コールドプレスジュースの入手方法

スロージューサーで絞ったものがコールドプレスジュースに当たります。日本でも専用のジューサーは入手できますが、1台3万円前後など非常に高価なのがデメリットなのです。その点、東京に登場した専門店なら1杯1,000円程度と手軽なのが魅力です。また、絞りたてでないと素材の劣化を防げないため意味が無くなります。そのためお店で絞ったものを直ぐ飲む方法がベターで、基本的に通販では入手することはできません。

コールドプレスジュースの販売店

2014年よりコールドプレスジュース専門店が東京にぞくぞくオープンしています。
代官山にある「Why juice?」「クレンジングカフェ代官山」、恵比寿の「サンシャインジュース」、渋谷の「スカイハイ」などで利用できます。

Why juice?

img-hdr

様々な野菜やフルーツを使ったデトックスジュースプログラムのセット売りも行っています。

Charge:リンゴ・ニンジン・セロリ・ジンジャー(600円)

東京都渋谷区代官山町13-8
03-6416-5678
http://www.why-juice.me/

クレンジングカフェ代官山

2

ルフィリア式クレンジングダイエットという、高周波エステとジュースクレンズの置き換えでダイエットに最適なプログラムも用意されています。

ヒスイ:小松菜・レモン・リンゴ(1,180円)

東京都渋谷区猿楽町5-10 ISビル1F
03-6277-5122
http://www.cleansingcafe.com/

サンシャインジュース

winter_image

初心者から上級者までの3種のプログラムの他に季節限定のプログラムがあり、自分の体に合ったクレンズができます。

ホットビーツ:ビーツ・ニンジン・ジンジャー・リンゴ・唐辛子・シナモン(1,080円)

東京都渋谷区恵比寿1-5-8
03-6277-3122
http://sunshinejuice.jp/

Sky High(スカイハイ)

main_banner

無農薬や自然農法で育った野菜の他に、今話題のスーパーフードもとりれているので、一層美容と健康に効果が期待できます。

デトックス グリーン:ケール・セロリ・キュウリ・キャベツ・レモン・グレープフルーツ(1,500円)

東京都渋谷区渋谷2-3-4 青山TNビル
03-6427-2717
http://skyhigh-tokyo.jp/menu/

まとめ

1杯1,000円程度はちょっと高い?と思うかもしれませんが、スムージーと比べて搾りかすを取り除いているためたくさんの素材を使っているのです。普通に野菜を摂るより細胞が壊れている分栄養も吸収しやすいため、山盛りの野菜を食べるより効果が高いんですよ。それを考えると意外と安いと思っちゃいます。酵素やビタミン・ミネラルの補給の他、朝食に利用したり、プチ断食にも利用しやすいですよ。

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

本記事は、2015年2月24日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。