綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,765 記事

夕方の乾燥やメイク崩れ・寝坊で時間がない!メイクの困ったあるあるを解決する方法6選

著者情報

メイクアップアーティスト/美キャリア・ラボ代表

2015年3月10日更新 | 4,388 views | お気に入り 289

メイクでよくわからないな~と思うことはありませんか?
今回は「メイクの困ったを解決」する方法をご紹介いたします。ぜひご覧くださいね!

Q.夕方にはお肌がカピカピに!夕方に潤い肌に戻す方法

A.カピカピレベルがMAXなら思い切ってふきとりましょう。

【方法】
コットンに乳液を出し、ほほから下を全てふき取ります。
次に明るめのコンシーラーを目の下(写真グリーンの部分)に軽めにぬり、指先で伸ばしましょう。その上にフェイスパウダーを薄くつければ潤いたっぷり、ナチュラル美肌の出来上がり。
チークを足したらパーフェクトです!

【使用アイテム】
乳液&コットン&綿棒はお化粧ポーチに入れておくと何かと便利です。

Q.寝坊してしまった時の時短お助けメイク!!

A.なんといってもメイク道具が大事!
ファンデーション、眉、グロスでお肌のトーンアップを目指しましょう

【つけかた】
大きなスポンジを使ってファンデーションをつけると手早くキレイに仕上がります。
眉はペンシルよりもパウダータイプがおすすめ。この時に使うのは付属ブラシではなく、長いタイプを使った方が断然描きやすいです。
あとは色付きグロスをつければひとまずOK。
マスカラは慌てて付けるとまぶたについて取るのに時間がかかるので避けたほうがよさそうです。

Q.疲れすぎて目のくまがくっきり!メイクで解消したい!

A.くまにはコンシーラー&チーク

コンシーラーでくまをカバーするのが基本ですが、完璧に隠そうとすると厚塗りで不自然になりがち。チーク効果でお顔全体を明るく仕上げ、疲れている印象をカバーましょう。

【つけかた】

★コンシーラー★
くまが一番目立つ部分をしっかりカバーしましょう。写真のように目頭から斜め下に向かってコンシーラーを塗り、中指でトントンと優しくなじませます。 目の際までたっぷりつけるのはNG。時間の経過とともにシワに入り込み目立ってしまいます。

★チーク★
大きめのブラシを使うこと。笑ったときにふっくらするところを中心にふんわりとつけます。

【コンシーラーの使用順序】

★パウダーファンデーションの場合★
①メイクアップベース
②コンシーラー
③フェイスパウダー
④パウダーファンデーション

★リキッドファンデーションの場合★
①メイクアップベース
②リキッドファンデーション
③コンシーラー
④フェイスパウダー

Q.ニキビがたくさんできてしまった時のカバーメイク

A.コンシーラーでカバーしましょう

【つけかた】

①ニキビのサイズよりも一回り大き目にコンシーラーをぬります
②周辺だけを指先またはブラシでなじませます。

※中心部分は触らないでくださいね。
※私はコンシーラー用に平筆のリップブラシを使っています。

③フェイスパウダーでおさえます。これでピタッと密着してヨレなし!

※コンシーラーの色は肌色に近い色がベスト。
今回の写真はわかりやすいよう明るい色のコンシーラーを使用しています。

Q.アイシャドーが目の下についてしまう・・・対処方法

A. アイメイク前に下まぶたにパウダーをのせましょう

皮膚の皮脂が混ざるとにじみやすくなります。
フェイスパウダーまたはパウダーファンデーションを少量、目の下にのせるだけで、目の下につきにくくなります。
チップを使うと簡単につけられます。これでアイメイクが落ちにくくなりますよ。

【使うのはコレ】
  • フェイスパウダー
  • またはアイシャドーのゴールド

ゴールドアイシャドーを使うと涙袋効果で目もとがさらに美しくみえます!

※つけすぎに注意です!

Q.まつ毛が下がってくる!カールを復活させる方法

A.ホットビューラーで復活させましょう!

日本人もまつ毛は短くて下がりやすい方が多いようです。ホットビューラーの熱効果でカールを復活させるのが一番おすすめです。

【ポイント】

①ホットビューラーをまつ毛の根元からぐぐっと持ち上げるように当てましょう。
②次にマスカラを軽く塗り足せば目ヂカラもUP!

【これがおすすめ】

KOBAKOホットアイラッシュカーラー
※長時間あてるとまつ毛が痛んでしまうことも。説明書通りに使いましょうね。

いかがでしたか?

あなたのメイクのお悩みが一つでも解消できますように!

本記事は、2015年3月10日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。