綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,769 記事

冷えると咳が出るその原因と改善のポイントを解説します

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

2015年2月13日更新 | 70,761 views | お気に入り 309

0705e7142d0efaba31f3fa08fabc3d1b_s

寒暖差の激しい場所に行くと咳が出る方もいるでしょう。もしかしたら気管支の病気の前触れかもしれません。このような症状がでる人はどんな病気が考えられるのか、そして日常生活での予防方法をお伝えします。

すぐに咳が出やすい人

寒い季節になると冷たい空気を吸って咳が出やすくなる人がいます。原因は気管支が敏感になり、炎症を起こしているからです。まだ喘息などの病気になっていなくても、今後移行する可能性もあるため注意しましょう。

最初は寒暖差により咳が出るだけで済み、しばらくすると落ち着きます。または寒い場所から温かいところに移動すれば改善することが多いようです。この状態なら軽い気管支炎で済むため対処療法で良いのですが、気管支の炎症を繰り返すと咳喘息へ以降します。またこの段階で治療をすれば喘息へ移行するのを防ぐことができます。炎症は長引くとなかなか改善できないため、早めに治療をすることが大事です。

咳が出る体質の改善方法

冷たい空気を吸うと咳が出る程度ならまだ体質改善にて良くなる可能性があります。喘息まで移行する前に体のケアをしましょう。

口呼吸を止める

気管支が敏感になっている方は鼻呼吸の場合が多いようです。鼻炎などで口呼吸になっていたり、顎の力が弱く口で息をしてしまう方も。鼻は毛のフィルターで細菌やウイルスなどをコシ取るため鼻で息をするようにしましょう。

肩が内側に入っていないかチェック

965975e35237a32aab87d9cb6a1cc9d8_s

猫背や肩が内側に入っている人はそれだけで気管支の機能が落ちやすくなります。肩甲骨を内側に寄せてエクササイズするだけでも違ってきます。

自律神経の乱れを治す

不規則な生活、ストレスなどがあると自律神経が乱れます。おへその下10cm程度の場所を意識し、呼吸をするようにしてみてください。丹田という場所を使い呼吸をすると自律神経が整います。咳が出やすい人は姿勢が悪く呼吸も浅くなっていることが多いのです。

水毒かも

咳と水毒

咳、鼻水などが出やすい人は東洋医学では水毒体質といいます。体によけいな水分が蓄積するため、咳などの症状で排泄しようとしているようです。冷たい飲み物よりもホットティーを、そして体を冷やし過ぎないようにしてみてください。足の裏にある土踏まずから少し上にある涌泉、または土踏まずから内くるぶし側を揉むと水分の排泄が上手くいくようになります。

まとめ

既に症状が酷くなっているならお医者さんに相談し、ステロイド吸入器を使うのもひとつの方法ですが、それ以前なら体質改善もしてみてくださいね。炎症は長引けば長引くほど改善にも時間がかかります。まずは咳が出やすい体質を日常生活にて治しましょう。

本記事は、2015年2月13日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。