綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,643 記事

女性ならではの冷えの原因があった!内臓冷えのタイプのまとめ

2015年2月25日更新 | 2,603 views | お気に入り 384

女性と内臓の冷え

お腹に触れたらヒヤッとした方は内臓冷えかもしれません。本人は体が冷えているとは気が付いていないことも多いため注意してくださいね。内臓冷えの症状、どんな人がなりやすいのか、そして改善方法を紹介します。

内臓冷えとは?

末端冷え症と比べて内臓の冷えは自覚しにくくなります。手で触れてはじめて内臓が冷えていることがわかります。体温は36度以下のことが多く、手足が冷えるというよりは体の内部が冷えています。低体温、低血圧など典型的な体質も内臓冷えと関係があります。

内臓冷えの症状

内臓が冷えるとは腸・胃・子宮などの器官が冷えています。胃が冷えれば消化不良を起こしますし、腸なら下痢や便秘などを繰り返します。子宮や卵巣の冷えでは子宮筋腫や卵巣のう腫・生理痛が酷いなどの症状に結びつくことがあります。

内臓冷えの原因

内臓冷えの原因

現代人は季節を問わず体を冷やす食べ物を摂りがちです。冬でも夏野菜が出回り、アイスクリームなどの冷たいデザートも食べたりしますね。食事により体が冷えたり、運動不足で熱を生み出せない、そして生活習慣の不規則による自律神経の乱れなどが原因です。また過剰なダイエットも筋肉の低下に結びつくため、若い女性でも増えているようです。

内臓冷えを改善する4つの対策

たった4つだけでも内臓冷えは改善できます。代謝が落ちて疲れやすくなったり、体温の低下で免疫力が下がる原因にもなるため、毎日の対策で改善しましょう。

1・温かい飲みもの、食べ物を摂る

日常に飲むドリンクは紅茶、ほうじ茶がおすすめです。コーヒーは体を冷やす作用があるため朝1杯だけなど飲み過ぎないようにしてください。夏でもできればホットドリンクを愛用しましょう。

2・お腹にカイロを貼る

直接カイロを貼ると内臓が温まります。根本的な解消ではありませんが、温めると症状が軽くなるためおすすめです。寝る前の湯たんぽもお忘れずに。

3・温冷シャワー

冷えとシャワー

入浴最後に温かいお湯と冷たい水を交互につま先に当てます。毛細血管が拡張、収縮を繰り返し血流が良くなります。自律神経も同時に刺激されてストレスにより乱れていた状態が改善できます。

4・下半身の筋肉を増やす

体に熱を生み出すのは筋肉が得意としている分野です。極端なダイエット志向の方は筋肉が落ちていることが多く、それにより熱を生み出せないのです。スクワットを1日10回でも良いのでやると良いですよ。

まとめ

内臓の冷えは体温や血圧低下も招くため、何となく体調が優れないと感じる人も多いようです。体の中から冷やさない、自律神経を整え、筋肉を増やしましょう。筋肉が増えれば無理なダイエットも必要なくなり、内臓の冷えも改善されやすくなります。自分は内臓冷えかな?と思ったら手のひらでお腹を触ってみてくださいね。

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

本記事は、2015年2月25日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。