綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,857 記事

サリチル酸による毛穴ケア

2014年8月27日更新 | 3,865 views | お気に入り 563

サリチル酸は〇か×か!?

サリチル酸って聞いたことがありますか?

サリチル酸という言葉を聞いたことがありますか?以前からシャンプーなど頭髪の業界ではよく聞くお名前でしたが、最近では、美容業界でも登場するようになりました。果たして、サリチル酸の実力やいかに!?

サリチル酸について

サリチル酸とは、その名のとおり、酸の一種。防腐と抗菌に優れた酸で、防腐剤の成分としては、以前から使われていたものです。フケ防止の効果もありますので、シャンプーの成分としても利用されていました。最近、注目されるようになったのは、抗菌と抗炎症という観点から、ニキビ予防、毛穴ケア製品の成分として。高い抗菌作用により、特にピーリングの際使用するピーリング剤として登場するようになりました。

サリチル酸を使うときの注意点

まずはメリットとデメリットを理解しよう

サリチル酸を使って美肌ケアをするには、用法をよく理解することが大切です。

お肌の角質を軟化・溶解して、ターンオーバーを助けます。

サリチル酸の高い防腐作用と抗菌作用は、肌周期(ターンオーバー)の乱れを整えるのに効果的です。古い角質を取り除き、新しい角質へと生まれ変わるお手伝いをしてくれますので、肌荒れや、フケ予防には、とても効果的です。アンチエイジングの面からも、サリチル酸は効果的と言われているので、肌のハリツヤを取り戻す手助けにもなります。

抗菌、抗炎症作用を利用したニキビケア。

毛穴の炎症を抑えるには抗菌、抗炎症作用は必須条件。このWの条件をクリアしているサリチル酸は、ニキビケアにとって強~い見方となります。ニキビには、原因が複数あります。皮脂分泌により、毛穴が詰まって炎症を起こす人、肌周期が乱れ、毛穴が詰まった人など。サリチル酸を特におすすめしたいのは、ニキビの炎症がひどい人と肌周期が正常化されていない人。抗菌効果から考えると、ニキビとは相性バッチリ、といえます。

副作用を十分理解しておきましょう。

サリチル酸の抗菌・抗炎症作用はかなり高いものです。そのため、使う量や使用頻度の判断が難しいところです。副作用として多いのは、刺激によって、肌がヒリヒリする、赤くなる、炎症、それに極度の乾燥などです。日本では、まだまだ化粧品への配合は制限されているので、日本製の化粧品に配合されているのはごく少量です。

安全に使用するには、皮膚科や美容専門のクリニックでのピーリングからスタートするのがおススメです。医療機関なら、万が一副作用が出たとしても、すぐに使用を中止して、的確に処置してくれますので、症状が最小限で済みます。

自分で使用する際は、肌の状態をよく見て、少しでも異常があったら、すぐに使用を中止しましょう。

毎日の使用はNG

どんなに毛穴が黒ずんだりしていても、どんなにニキビの症状がひどくても、サリチル酸を毎日使用することはおススメしません。始めにお話したように、角質を溶解しますので、毎日使用しては、皮膚の表面に角質がなくなり、逆効果となります。肌の様子を見て、週1,2回くらいがおススメです。

著者情報

心と身体を鍛える空手の魅力にはまりそうな今日この頃です。

本記事は、2014年8月27日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。