綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,789 記事

レーザー脱毛後の痒みと腫れが怖い!肌が弱い人のための対処法4選

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

2015年3月25日更新 | 17,609 views | お気に入り 260

imasia_14211604_M

肌が弱い人にとってレーザー脱毛はできるのか不安になりますね。
でもセルフケアでも肌を痛めやすいし、どっちが良いかは迷ってしまいます。敏感肌、アトピー肌の方はレーザー脱毛が利用できるのか?そして利用した場合で万が一皮膚トラブルが起きた場合の対象方法を紹介します。

皮膚が弱くてもレーザー脱毛はできる?

敏感肌だからといってレーザー脱毛ができないことはありません。利用するなら肌の状態を詳しく見てから処理してもらえる皮膚科や美容クリニックが良いでしょう。
万が一皮膚トラブルが起きても治療ができますし、肌の状態を見ながら出力も調整してくれます。ただしアトピー肌で皮膚の色が黒く変色している場合は、レーザーの光が部分的に強く反応しやすいため利用できないこともあります。
そのような方はまず湿疹を皮膚科で改善し、色素沈着のケアを始めれば利用することはできますよ。

レーザー脱毛後の皮膚トラブル解消法4選

レーザー脱毛トラブル

痒みが起きた場合

レーザーの出力を弱くしてもらってください。肌の水分量が落ちていたり、皮膚の表面にある角質層が乱れていると痒みが出ることがあります。
自分でも肌のケアを事前にやっておきましょう。肌が弱い人はセラミドが減っているケースも多いため、セラミド入りのローションか保湿力が高く敏感肌でも使えるスキンケアを使ってください。

痒みや赤みの直後のケア

皮膚に刺激があると痒みが出ます。特に敏感肌やアトピー肌の方は少しの刺激でも赤くなったり、痒みが出たりします。
直後は保冷材などで冷やすのが一番です。掻くと皮膚の表面が乱れ、バリア機能が落ちて余計に痒みが強くなります。敏感肌の方は脱毛の処理をしてもらった後に長めに冷やしてもらうようにしましょう

炎症が起きたら

あきらかに炎症が起きているなら皮膚の治療が必要です。炎症は短期間に治したほうが良いため、場合によってはステロイド入り軟膏を塗る場合もあります。
薬については脱毛してもらった皮膚科や美容クリニックに相談してください。

水ぶくれは要注意

皮膚の炎症を通り越して水ぶくれになった場合は要注意です。レーザーの出力が高く火傷した可能性があります。
病院に相談し症状が軽くなるまで脱毛はできません。

まとめ

敏感肌、アトピー肌の方はレーザー脱毛はできないことは無いのですが、皮膚が弱い分トラブルも起こりやすいため注意しましょう。
自分で保湿ケアをしっかりやったり、脱毛後に冷やすなど対処してみてください。また脱毛は治療もできる皮膚科や専門クリニックを利用するのが一番です。それと、少し時間がかかっても仕方が無いと考え慎重に処理してもらいましょう。

本記事は、2015年3月25日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。