綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,845 記事

脱毛クリームの安全な商品を見分ける方法

2015年4月2日更新 | 3,548 views | お気に入り 376

脱毛クリーム

脱毛クリームって安全なの?皮膚が弱い人、かぶれやすい人にとって商品の安全性は気になるところです。そんな方におすすめの安全な脱毛クリームの選び方、一般的な商品での皮膚トラブル事例を紹介します。誰だって脱毛後は肌をキレイなまま保ちたいですよね。肌が弱い方以外もチェックしてみてください。

脱毛クリームの仕組み

脱毛クリームは毛のたんぱく質をアルカリで分解し処理する方法です。多くの場合薬品や添加物が入っており、皮膚が弱い人だとかぶれてしまう恐れがあります。毛の根元を溶かすほどの力ですから皮膚にあるたんぱく質だって壊れてしまう恐れがあるでしょう。皮膚の表面が荒れたり、肌バリアが弱い人は炎症やかぶれに繋がる可能性も出てきます。

安全性の高い脱毛クリームの選び方

できるだけ天然由来成分の量が多い脱毛クリームを選ぶようにしてください。ただし毛を溶かす成分は化学合成物質を使っている可能性はあります。それでも100%石油系の商品と比べると刺激は少なめで、皮膚への潤い成分も入っているため肌が荒れにくくなります。例えば次のような商品を使ってみるのもおすすめです。

エピサラ

episara_02

画像出典:http://shaving-cream.jp/episara/index.html

10種類のハーブを配合した商品で医療部外品となっています。ただし毛を溶かす成分はしっかり入っているため100%天然成分ではありません。通常の商品より優しいつくりとして利用しましょう。

価格:2,980円(税込)

パイナップル豆乳除毛クリーム

パイナップル豆乳除毛クリーム

画像出典:http://www.perlesdelacombe.com/

豆乳やパイナップルにより毛を生えにくくする商品です。クリームタイプの商品で保湿ケアをしながら、徐々に毛を目立たなくしたい方に適しています。豆乳で女性ホルモンに働きかけ、パイナップルで毛のたんぱく質を溶かしやすくする効果が期待できます。しかしこちらもたんぱく質を分解する化学物質が入っています。

価格:2,700円(税込)

手作りによるパイナップル豆乳ローション

パイナップル豆乳ローションの作り方

完全100%天然成分に拘る方は、パイナップル豆乳ローションを食品から手作りする方法もあります。食品のため日持ちはせず、除毛効果はありませんが毛を少しずつ薄くしたい方に便利です。

材料

無調整豆乳・・・200ml

レモン・・・2分の1個

エタノール・・・20ml

作り方

豆乳を鍋に入れ沸騰しないよう弱火から中火で加熱します。豆乳が温まったら火を止めレモン汁、エタノールを入れかき混ぜます。そのまま5分ほど放置するとヨーグルト状に固まります。それを清潔なふきんでこしたら、絞り汁を容器に入れて出来上がり。冷蔵庫保管で約1ヶ月ほど持ちます。

脱毛クリーム・ローションを使う際の注意点

脱毛クリームや手作りローションを利用しながら脱毛をする際は幾つかの注意点を守ってください。

  • パッチテストをしてから使う
  • 生理前は肌が敏感になるため使用しない
  • 天然成分が多い商品もパッチテストをする
  • 手作りローションは腐敗しやすいため1ヶ月で使い切る

まとめ

市販の脱毛クリームの安全性が気になったら、商品のパッケージ裏で成分を確認するようにしてください。毛を溶かす成分はチオグリコール酸カルシウムが多く使われますが、そのほかにも保湿成分が多いことをチェックしましょう。また化学物質が気になるなら手作りローションも検討してみて下さいね。

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

本記事は、2015年4月2日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。