綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,832 記事

ダイエットにも有効的?睡眠時間とダイエットの気になる関係

著者情報

綺麗のトリセツ編集部です。皆様のお役に立てるよう美容や健康に関するハウツーやトピックスを投稿してまいります!

2014年8月26日更新 | 3,268 views | お気に入り 386

どんなに頑張っても成功しないダイエットの原因は睡眠にアリ?
睡眠時間とダイエットには深い関わりがあるんです。

寝ることとダイエット

ダイエットが成功しない意外な原因

毎日の運動やバランスの良い食事を行っていてもなかなか痩せない、どうしても太ってしまう、といった人もいることでしょう。
「痩せにくい体質だから仕方がない」と諦めてしまってはいませんか?
たしかに体質的に痩せにくい人もいます。しかし自分は痩せにくいと思っている多くの人に当てはまるのが間違った睡眠時間によるものです。間違った睡眠はダイエットの障害となるのです。

睡眠時間は特に運動することもなく、ただジッとしているだけなのでカロリーの消費量も少ないと思いがちですね。
しかし、睡眠時間にもカロリー消費は活発に行われています。
そのカギとなるのが「成長ホルモン」。昼間、活動することによって受けた体のダメージや疲労を修復するために、分泌されるのが成長ホルモンです。
成長ホルモンが分泌されることによって、肌や身体のダメージが修復されます。
昼間のような活動時間であっても、成長ホルモンは分泌されますが、最も分泌が多くなるのが睡眠時間です。
そのため睡眠時間が短いと、成長ホルモンがしっかりと分泌されません。
睡眠不足により疲労が抜けなかったり、肌荒れしてしまうのは、成長ホルモンの分泌量が足りないことが原因となっているのです。

成長ホルモンは痩せホルモン

 疲労や体のダメージを回復させる役割を持つ成長ホルモン。しかし、成長ホルモンにはこれらの働き以外の特徴があります。
それが「痩せホルモン」です。
成長ホルモンには「脂肪を分解する」という働きがあります。成長ホルモンは食事によって体内に摂りこまれた脂肪を分解します。
すなわち、成長ホルモンがしっかりと分泌されないということは、脂肪を分解できずに蓄積してしまうことになります。
食事制限をしていても、なかなか痩せない原因はここにあるのです。

ゴールデンタイムはしっかり寝ること

成長ホルモンをしっかりと分泌させるには十分な睡眠時間を確保することが必要となります。
しかし、忙しいとなかなか十分といえる睡眠時間を確保するのは難しいですよね。たっぷりと7時間は睡眠時間を取るのが理想的ではありますが、どうしても確保できない場合はゴールデンタイムを活用しましょう。
ゴールデンタイムとは成長ホルモンの分泌量が最も多くなる時間の事を言います。夜の11時から3時ごろまでがゴールデンタイムとされています。
どうしても睡眠時間が短くなってしまう人も、この時間帯に寝ることで成長ホルモンがしっかりと分泌され、脂肪を分解することができます。

たっぷりの睡眠がもたらす効果

しっかりと睡眠時間を確保することで、ダイエット効果も確実に上がることでしょう。たっぷりの睡眠時間はダイエット効果だけでなく、色々な良いことをもたらしてくれます。
成長ホルモンの分泌がしっかり行われることによって肌の新陳代謝も良くなり、美肌効果も得られます。ダイエットと一緒に美肌にもなれちゃうなんて一石二鳥ですね。
たっぷり睡眠時間をとることで、ダイエットだけでなくトータル的な美をゲットすることが出来ちゃいます。

本記事は、2014年8月26日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。