綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,880 記事

自宅で簡単に!美容室帰りの「さらさらツヤ髪」を作る秘訣

2015年4月17日更新 | 17,532 views | お気に入り 439

サラサラでツヤのある美しい髪は、女性にとって永遠の憧れ。髪が美しいだけで表情が明るくなり見た目も若々しくなります。美容室に行った後は、髪が綺麗になって誰かに会いたくなりますよね!そんな髪をいつでも自宅で再現できたら嬉しいですよね♪

そこで、自宅でも簡単にさらさらツヤ髪を作る秘訣をご紹介したいと思います。

さらさらツヤ髪の鍵は、キューティクルにあり!

髪の美しさを決めるがキューティクルです。キューティクルは髪の表面にあり上から下に向かってウロコ状に並んでいます。髪の内部のタンパク質や水分が流出しないように保護し、髪に艶を出す役割をしています。

キューティクルが上から下に綺麗に整っている髪は、ツヤがあり手触りも良くなります。
また、温まると開き冷やすと閉じる性質をしています。
キューティクルが開いている時に、トリートメントを塗布すると浸透しやすくなります。

このキューティクルの性質を上手く利用するのが、さらさらツヤ髪を作るポイントになります。

簡単にできる!さらさらラツヤ髪を作る秘訣

ブラッシングは一日一回行う

 
出典元:http://item.rakuten.co.jp/goodsmile/ab002/#ab002

根元から毛先に向かってブラッシングする事で、髪のキューティクルが綺麗に整います。また、頭皮の皮脂が髪に伝わることで艶と潤いのある髪を作る事ができます。
マッサージ効果もあるので頭皮の血行が促進され髪に栄養が届くようになります。

使用するブラシは、豚毛や猪毛など自然素材のブラシがおすすめです。

トリートメントは、十分に水気をふきとりすぐに洗い流さない

 

髪の内部に栄養を与えるのがトリートメントの役割です。髪に塗布する際は、水気をしっかりタオルでふきとりましょう。水気が多いと弾かれて浸透力が悪くなります。

また、トリートメントを塗布したら、最低でも5分は放置しましょう。すぐに洗い流すとせっかくの成分が浸透されず一緒に洗い流されしまいます。
この際、蒸しタオルを巻くとキューティクルが開いてさらに浸透力が高まります。

ドライヤーは上から下に乾かす

 

キューティクルは、上から下に向かって並んでいます。ドライヤーを乾かす際に、下から乾かすとキューティクルが毛羽立ちパサついて手触りも悪くなります。

また、髪の内部のタンパク質も外に流れやすくなりダメージの原因にも。
ドライヤーで乾かす際は、上から下に向かって乾かすとキューティクルが整いツヤ感がアップします。

仕上げに冷風を当てる

髪が8割乾いたら最後は冷風で乾かしましょう。

冷風を当てることでキューティクルが閉じて髪にツヤがでます。また、キューティクルは冷やすと固まって形付く性質があるため、ブローで髪をセットした時は持ちが数倍よくなります!ドライヤーの冷風機能は使わないともったいないです。

アウトバストリートメントを使い分けるとさらに効果的!

ドライヤーをかける際に、アウトバストリートメントを使うとさらに効果的です。
クリームタイプやミルクタイプ、オイルタイプなど種類が様々なので上手く使い分けをすると良いでしょう。

ドライヤー前の濡れた髪には、ミルクやクリームタイプ

ミルクやクリームタイプは、水分が多く浸透しやすいためドライヤー前の濡れた髪に使うと、馴染みやすく潤いを保持する力に優れています。また、ドライヤーの熱から髪を守る効果もあります。

ドライヤー後の乾いた髪には、オイルタイプやワックスタイプ

オイルやワックスタイプは油分が多いため髪の表面を保護する効果に優れています。
ドライヤー後の乾いた髪に軽く馴染ませるとツヤがアップし、紫外線などのダメージから髪を守る働きもあります。ただし、つけすぎるとベタつくので注意しましょう。

さらさらツヤ髪を作る方法いかがでしたか?

ちょっと手を加えるだけで、お金をかけずに綺麗な髪の毛を手に入れる事ができます。
是非、毎日のケアに取り入れてみてくださいね。

著者情報

毛髪診断士・美容家・エステティシャン

本記事は、2015年4月17日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。