綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,812 記事

生え際が気になる!明るめヘアカラーの生え際対処法

著者情報

アンチエイジング・美容・健康に関する情報を集めるのが得意。『とりあえず自分でやってみる!』がモットー。実践に基づくキレイ情報をお届けします。

2015年4月16日更新 | 13,739 views | お気に入り 366

きれいにカラーリングしても、すぐに元に戻ってしまう・・・そんな「プリン状態」の頭に悩んでいませんか?どんなにきれいにカラーリングしていても、2か月もすると根元から地毛の色が出始めます。明るい髪色にしている場合は「プリン状態」になる確率が高くなります。

このプリン状態、見た目も美しくなく、印象が良くありません。「ま、いっか~」なんて思っていたら大間違い。男性受けもよくありませんし、働いている場合は上司や取引先からも「ずぼらな人」と思われている可能性すらあります。

そんな時は、目立たたなくさせる方法で隠してしまいましょう。全体をカラーリングしなくても、隠す方法はたくさんあります。根元からきれいなカラーで、印象を良くしてくださいね。

最も確実に生え際対策するならコレ!

今すぐ染める時間もお金もないし・・・という方は、「部分染め」をしてもらうとよいでしょう。
部分染めは料金も安く、時間も1時間程度ですから忙しい方でも簡単にできますし、なんといっても確実。通っている美容院に問い合わせて、部分染めができるかどうか確認してみましょう。

もっと料金を抑えたい場合は、自分で染めてしまうという手もあります。自分で部分染めする場合のコツは、細かくしっかりとブロッキングして、根元だけを染めること。後頭部は見えづらく、自分で染め直すのは難しいですが、ブロッキングするとスムーズに染めやすくなります。

自分でカラーリングするときは、根元の色と染めた部分の色がスムーズにつながるように、色選びを慎重に行います。少し暗めのものを選ぶと確実ですが、明るい髪色の人はヘアカラー剤を買う時に確認するなどして、根元の色が浮いてしまわないように気を付けましょう。

髪型を工夫すればきれいに隠れる!

imasia_12910427_S

部分染めなどができない場合は、髪型を工夫して隠すという手もあります。
一番のおすすめは、前髪部分をポンパドール状にして根元部分を隠してしまうこと。
髪の分け目を隠すような形でポンパドールを作ると、ゆるふわな髪型ができる上に、きれいに生え際が隠れます。

ポンパドールは女性らしい雰囲気を作ってくれる上に、アレンジも効く髪型です。
毛先をねじったり、スクリューにしてみたり、三つ編みにしてまいたりすると女性らしさも出せて◎です。

もし、大切なパーティや結婚式に出る場合は、少し手の込んだ「編みこみ」に挑戦してみましょう。しっかりとヘアワックスを馴染ませて、根元まできっちり編みこまない「ゆる編みこみ」をすると、ふんわりとプリン状態が隠せます。

編みこみは、普段とは違う特別感を出せるのが一番の魅力です。バレッタなどを付けるとしっかりと根元が立ち上がり、さらに生え際対策ができますね。分け目をまっすぐにせず、あいまいにジグザグにするともっときれいに隠せます。

染め方を変えてグラデーションカラーにしてみる!

今流行のグラデーションカラーリングは、しょっちゅう美容院に行けない忙しい方にとって、とてもおすすめの染め方です。毛先と根元を違う色にしておくことで、プリン状態になるのを防げます。

根元から中間ぐらいまでは黒いまま、毛先を明るめのベージュや明るいオレンジなどで染めることで、オリジナルなカラーリングが出来上がります。根元が地毛の色ですから、当然ながらプリン状態になることはありません。

グラデーションを自分だけのオリジナルで作れるというのもいいですね。美容師さんと相談しながら、どんな髪色が自分の顔に合うのか、探ってみてください。

もっと簡単に隠したい場合はこれ!

imasia_6582251_S

染め方や髪型で隠すのすらめんどくさい!もっと簡単に、ササッと隠しておきたい!
という方は、スカーフやヘアバンドを上手に使いましょう。日中、家にいる時やちょっとした買い物のときはこの方法でも十分。「もうすぐ染めに行くから、ちょっとの間だけ隠したい」という場合にも便利です。

ヘアバンドは、幅が大きめで印象的なものを着けておくととてもおしゃれに見えておすすめです。リボンになっているもの、飾りが豪華なものなど、いくつか揃えておくとよいかもしれませんね。ヘアバンドに目が行くので、生え際が気にならなくなるというメリットもあります。

スカーフで頭を覆うと、とても上品な雰囲気を出すことができます。結び目からだらりと眺めに先を伸ばすと、スカーフが風に揺れてきれいですね。ジーパンにも合いますから、普段着でも大丈夫です。

まとめ

生え際対策は、染め方や隠し方、ヘアスタイルなどの工夫で十分可能です。
自分の予算とヘアスタイルなどに合う方法で、みっともない「プリン状態」を隠してくださいね。

本記事は、2015年4月16日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。