綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,792 記事

春は揺らぎ肌になりがち。肌を安定させて綺麗にする方法

著者情報

自分に素直に生きることをモットーにしています。

2015年4月10日更新 | 1,631 views | お気に入り 299

待ちに待った春が到来!しかし、お肌の方は何だか調子が悪いという人がいます。春は花粉症をはじめ、体調不良になりやすい時期とも言えますが、お肌の調子を整えるのも難しいものです。
今回は、春に多いゆらぎ肌について紹介します。

 ゆらぎ肌とは?

強い紫外線、温度と湿度が変動しやすいというような、季節の変わり目に起こる肌の変化を言います。お肌が敏感になってしまう状態をいい、元々の敏感肌の人だけでなく、普段は全く肌トラブルの無い人も何かしら肌の悩みを抱えてしまう状態を指します。

確かに、季節の変わり目って風邪を引きやすかったり、精神的に落ち着かなかったりもしますよね。肌も体と心と同じように日々ストレスにさらされているのでしょう。

ゆらぎ肌に見られる肌トラブル

  • 乾燥
  • ニキビ
  • かゆみ

主な症状はこのようなものですが、この肌トラブルが春だけでなく、続いてしまうこともあります。例えばニキビなどは、最初は1個2個だったのが、いきなり広がってしまうというようなことも春先には起きやすくなります。
それでは、このゆらぎ肌にならないための予防法、解消方法はあるのでしょうか。

新しい化粧品を試すのは様子を見ながら

春らしいメイクって素敵ですよね!春先には新商品も多く発売されます。とても気にはなるのですが、特に肌に直接乗せるものは、肌の調子を見ながら使うことをお勧めします。できれば、サンプルを貰いパッチテストをするといいでしょう。

普段より保湿を心がけて

冬場は、乾燥しているのが分かっているので誰もが保湿を充分にするものですが、春先になると意識が薄れてしまう人も多いようです。春先こそ、ゆらぎ肌にならないために保湿は充分に行いましょう。暖かくなって来たからといって、さっぱりタイプの化粧水を使うのはちょっと早いかもしれません。
保湿パックについても、これまでどおり行うことをお勧めします。

3月になるといきなり紫外線量アップです

 春になった~と喜んでいると、紫外線のことを忘れがち。そうなんです、3月になればかなり紫外線量が増えます。UVカットを忘れずに行いましょう。できれば、サングラスなどを使用し始めるのもいいですね。

新生活は心に余裕を持って

ゆらぎ肌は何も気候や紫外線ばかりが原因ではありません。春は進学や就職など生活の変化がある季節。精神的ストレスも肌のトラブルには関係しています。この時期こそ、心に余裕を持ってしっかりと睡眠を取るようにしましょう。

 ゆらぎ肌にならないためのケア方法

ゆらぎ肌、できれば避けたいものです。それでは、どのようなケア方法がいいのでしょうか。

 クレンジング

 できれば、肌に負担にならないものがお勧め。泡タイプのクレンジングが肌の負担にはなりません。オイルタイプは洗浄力もよく、気に入っている人も多いと思いますが、ゆらぎ肌予防という点からすると摩擦や刺激が強いと言えます。

化粧水

 先ほども触れましたが、しっとりタイプでまだ対応しましょう。春先は昨日と今日で温度が10度近く違うというようなことも起こりうる季節です。湿度についても同様のことが言えます。

乳液やクリーム

初夏を思わせるような日が訪れる日もあり、ケアも面倒になったり、暑いからいいのでは?と判断することもあるかもしれません。しかし、もうちょっとこのままのケアを続けて下さいね。

紫外線ケア

5月にはかなりの紫外線量があるということは知られていますが、実は3月には紫外線量が増えはじめています。1年を通して紫外線ケアを行うのがベストですが、3月には紫外線ケアに本腰を入れましょう。
特に、紫外線量の多い地域にお住いの方は、気を付けましょう。

imasia_12341431_M

 まとめ

ゆらぎ肌についていかがだったでしょうか。ゆらぎ肌と言っても、これまでどおりしっかりと保湿し、肌ストレスを回避すれば防げることが多いと思います。肌には新しいこと(ファンデなど)の挑戦は、様子を見ながら行いましょう。

本記事は、2015年4月10日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。