綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,884 記事

竹の子を存分に楽しむレシピ★炊き込みご飯と姫皮のラー油和え

2015年4月6日更新 | 2,499 views | お気に入り 411

竹の子が美味しい季節です。旬の食材、竹の子を存分に楽しみましょう。
スーパーで普段売られている水煮竹の子には付いていない「姫皮」も生の竹の子ならば、美味しく食べることができます。

今回は竹の子を使った「炊き込みご飯」と「姫皮のラー油和え」を紹介します。

竹の子の美容効果

竹の子の美容効果については、こちらをご覧ください。
旬のお野菜でおいしく綺麗になれる、竹の子とわかめの若竹煮

シャキシャキ食感がたまらない!竹の子の炊き込みご飯

水煮竹の子を使った場合、どうしてもベチャッとした食感になってしまいます。その点生竹の子を使うと、シャキシャキの食感がしっかりと残って、とても美味しい炊き込みご飯になります。竹の子の季節には、1度は炊き込みご飯を作りたいものです。

竹の子の炊き込みご飯のレシピ

~材料~3合分
米・・・3合
竹の子・・・小~中くらいの大きさ1個
ニンジン・・・1本
油揚げ・・・2枚
だしの素・・・5g
しょうゆ・・・大さじ2杯
料理酒・・・大さじ2杯
みりん・・・大さじ1と1/2杯
塩・・・小さじ1杯

①材料は小さめの短冊切りにします。

②お米をとぎます。

③炊飯器のお釜に洗ったお米を入れます。お米の水加減は、普通に炊くときよりも若干少なめにしましょう。ちょっとだけ減らす感じでOK。

④竹の子などの具を入れ、調味料も全部入れます。

⑤軽く混ぜて、炊飯器のスイッチをオン。炊き上がったら完成です。

竹の子を存分に楽しもう!姫皮のラー油和え

生竹の子を使うと、おまけで美味しい姫皮が付いてきます。
柔らかい食感で美味しい姫皮。お味噌汁の具にしても良いですし、キュウリと一緒にマヨネーズ和えにしても美味しいです。
今回著者は、材料を混ぜるだけのラー油和えを作ってみました。
良かったら試してみて下さいね。

姫皮のラー油和えのレシピ

~材料~
姫皮・・・竹の子1個分
ラー油・・・少量
しょうゆ・・・小さじ1と1/2杯
味の素・・・適量

①姫皮は小さめの短冊切りにします。

②器に全部の材料を入れてよく混ぜます。

③小鉢に盛って完成です。

ラー油は入れ過ぎないようにしましょう。入れ過ぎると辛くて咽ます・・・。
辛さが足りないなと感じたら、少しずつ加えて味の調整をして下さい。

竹の子の保存方法

早めに茹でること

竹の子は成長が早い分、収穫してしまうとどんどん鮮度が落ちてしまいます。
鮮度が落ちると苦みが出てきてしまうので、生竹の子は早めに茹でて鮮度落ちをストップさせましょう。

水を張ったタッパーで保存

竹の子は茹でておけば冷蔵庫で保存出来ます。水を張ったタッパーに竹の子を入れて冷蔵庫で保存しましょう。毎日水を取り換えれば5日~1週間くらい保存出来ます。

最後に

著者は旬の食材を見つけるとテンションが上がってしまいます。
そのため、今回は一気に竹の子料理を3品作ってしまいました。
参照→旬のお野菜でおいしく綺麗になれる、竹の子とわかめの若竹煮
次は初夏~夏にかけての食材をゲットできる季節になりますね。今後も美容に良い美味しいレシピを紹介していきたいと思います♪

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

本記事は、2015年4月6日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。