綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,857 記事

いまさら聞けない美肌の常識 「モイスチャーバランス」の話

2015年4月16日更新 | 4,780 views | お気に入り 490

よく聞く、美容用語「モイスチャーバランス」。
雑誌やインターネット、エステやコスメショップの美容部員さんとの会話の中にもよく聞かれると思います。なんとなくお肌に関係のある事とは分かっていても、実はしっかり理解していない方もいらっしゃると思いますので、わたくし田中愛がわかりやすく説明させていただこうと思います。

モイスチャーバランスとは?

一般的にモイスチャーバランスとは、

  • 肌の角層の水分
  • 油分
  • 自然保湿因子(NMF)

のバランスを指します。
そのバランスが崩れると、乾燥したり、皮脂が過剰に分泌されたり、ニキビ、シミ、シワのほか様々な肌トラブルに発展します。
逆に、バランスが保たれていれば肌の状態はとてもいいということ。それどころか肌自身が健やかな肌状態を持続するために働くようになりますので、肌はどんどんキレイになっていきます。
ですから、美肌=モイスチャーバランスが保たれている状態といっても過言ではありません。

つまり私たちは、モイスチャーバランスを整え維持するためにお肌の手入れをしているようなものなのです。

3つのファクターの役割

水分

水分=肌のみずみずしさを生み出すことはもちろん、肌細胞が正常に働くために必須なもの。
角層の理想的な水分量は、10~20%といわれています。
10%を下回ると肌はなめらかさ、しなやかさなどをなくしてしまいます。

自然保湿因子

自然保湿因子(Natural Moisturizing Factorを略しNMFと呼ばれています)=人間がもともと持っている保湿成分。
主にアミノ酸で構成されており、自身ももちろんうるおいを持っていますが、水分を抱え込みその場にキープするチカラがあるといわれています。

油分

油分=角層のほとんどは細胞です。
その内部はケラチンというたんぱく質でできており、ここに水分と自然保湿因子があります。その細胞間をつないでいるのが細胞間脂質(油分)。細胞間の隙間を埋めて外部からの刺激をやわらげたり、水分の蒸発を防ぐなどの役割があります。また、皮脂膜もモイスチャーバランスの「油分」のひとつ。汗などの水分とまじり合い、皮脂膜となって水分の蒸発を防ぎます。

モイスチャーバランスを保てればスキンケアはいらない?

モイスチャーバランスが整い、維持されることで、肌は自分で健やかな肌を作り維持する力を取り戻していくといわれています。では取り戻したらもう特別なケアはいらないかというと、残念ながらそうではありません。
せっかく取り戻しても、紫外線や空気の乾燥、ほこりや汚れなど外的な刺激のほか、ストレスや偏った食事などからの影響で、そのチカラはどんどん弱まってしまいます。ですから、継続的なスキンケアはやはり必要。

肌を労わり、励ますつもりでケアをしてあげてくださいね。

モイスチャーバランスを保つための呪文「うなはだけつ」

モイスチャーバランスを整えて、美肌を作るための呪文「うなはだけつ」 

「う」⇒潤い・・・潤いと適度な水分を保っていること。主に肌の中の水分量が適当であること。

「な」⇒なめらか・・・肌の表面に凸凹がなく、ツルツルすべすべしている肌状態。 

「は」⇒ハリ・・・肌が引き締まっていること。みずみずしく潤っている肌状態。 

「だ」⇒弾力・・・外から力が加わった際に、戻ろうとする状態が良いこと。 

「け」⇒血色・・・顔の色艶が良いこと。 

「つ」⇒つや・・・あでやかで美しい肌。 

「うなはだけつ」を意識するためのケア「うなはだけつ」を保つためには、このようなケアが必要です。 

「うなはだけつ」を保つケア方法

「潤い」・・・保湿、バランスの取れた食事、紫外線ブロックなど。 

「なめらか」・・・保湿、紫外線ブロック、洗顔など。 

「はり」・・・保湿、顔筋体操、紫外線ブロック、バランスの取れた食事など。 

「弾力」・・・保湿、顔筋体操、紫外線ブロックなど。

「血色」・・・バランスの取れた食事、マッサージ、運動、睡眠など。 

「つや」・・・保湿、バランスの取れた食事、紫外線ブロックなど。 

モイスチャーバランスが“効く”ケアのカギを握っている

実は、モイスチャーバランスの状態を知ることができれば、あなたに合ったケア方法を導き出すことができます。不足しているファクターが適度なバランスになるようにすればいいのです。例えば水分が足りないなら化粧水で補給、油分が不足しているなら乳液やクリームで補う、などです。

とはいえご自分でモイスチャーバランスを知ることは難しいですよね。最近では、ご自宅でチェックできるシールもありますが、細かい数値までは出せません。そこでおすすめなのが、多くのコスメショップで導入されている水分・油分測定器の利用です。

【参考】チェックシール

そもそも「基礎化粧品」は、モイスチャーバランスの中で不足を補うものとして作られていますから、ほとんどのコスメショップなどで導入されていると思います。測定だけでもOKというところもありますから、ぜひご自分のモイスチャーバランスを知って、本当に効果的なケア方法を探してみましょう!

また、多くのエステサロンでも測定が可能です。エステサロンならその場で不足分を補うケアを施してくれるでしょうから、エステでの測定もおすすめですよ!

著者情報

美容家 エステティシャン

本記事は、2015年4月16日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。