綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,864 記事

こんなの聞いていなかった!出産後の痛かったこと5つ!

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

2015年4月30日更新 | 2,731 views | お気に入り 379

痛みは続くよどこまでも!

出産は痛いということは、誰もが知っていることですね。
しかし出産後にも、いろいろな痛みがつきまとうということをご存知でしょうか?

初めて赤ちゃんを出産した後、痛みでビックリしてしまう新米ママさんも多いです。
「こんなの聞いていなかった~!」とならないように、出産後の痛みを知っておきましょう。
また、その対策を覚えておくことで、出産後の痛みを和らげることが出来ますよ。

出産後の痛かったこと5つ

会陰切開の傷

自然分娩の時に、会陰が裂けてしまうのを防ぐために会陰切開を行うことがあります。初産ではほとんどの場合行いますね。
切開した傷は縫い合わせますが、まず傷自体が痛い!傷の痛みは2~3日は続きます。その後は、縫合した糸がひきつれるため痛みは続きます。
座るのも痛い、歩くのも痛い、トイレに行くたびに痛いと、痛みのオンパレードで1週間は過ごさなければなりません。

~対策~
傷口が当たらないように座るときにはドーナツクッションを使いましょう。
あまりに痛くて耐えられない場合は、お医者さんに相談してみましょう。痛みどめの薬を処方してくれますよ。

後陣痛

出産後、子宮が元の大きさに戻るため収縮を始めます。この時に起こるのが後陣痛。ズキズキとした重い痛みが2~3日続きます。
なかには後陣痛を全く感じなかったというハッピーな新米ママさんもいますが、歩けなくなるほど痛かったという人もいます。どのくらいの痛みなのかは、起こってからじゃないと分かりませんね。

~対策~
下腹部を冷やさないようにしましょう。腹巻や湯たんぽでお腹を温めると良いですよ。痛みが強すぎたり、1週間以上続く場合はお医者さんに相談です。子宮収縮剤を止めてくれたり、痛み止めの薬を処方してくれます。

おっぱいマッサージ

乳腺炎の予防や母乳の出を良くするために、助産師さんが行うおっぱいマッサージ。マッサージと聞くと気持ちよさそうに思えますが、とんでもない!おっぱいがもげるかと思うほどの力でマッサージされます。痛すぎて思わず泣いちゃうママさんもいるほどです。

~対策~
ある程度の痛みならば耐えるしかありませんが、あまりに痛い場合は他の助産師さんに変えてもらいましょう。助産師さんによっては、痛みを感じさせず上手にマッサージしてくれる人もいます。
他には、妊娠中からおっぱいマッサージを行っておくと良いでしょう。乳房が柔らかくなって母乳の出が良くなります。
妊娠中におっぱいマッサージをする際は、安定期を過ぎてからにして下さい。
また、やり過ぎてしまうと子宮収縮が促され、早産の危険があります。
行う際にはまずお医者さんに相談するようにしましょう。

乳首の痛み

赤ちゃんが乳首を吸うことで、乳首が切れてしまうことがあります。
赤ちゃんの唇や歯茎が当たることで、擦り傷になってしまうことも。
だからといって、赤ちゃんに母乳を与えないわけにはいきませんね。大事な栄養源ですから。痛みに耐えながら母乳を与え続けるママさんも多いです。

~対策~
母乳の出が悪いと、赤ちゃんも強く吸ってしまいます。授乳の前に軽くマッサージをすると、母乳の出が良くなりますよ。
また、赤ちゃんが同じ方向から吸い続けることで、傷になってしまいます。
授乳の際の赤ちゃんの抱き方を変えるなどして、一定方向から吸うのを防ぐようにしましょう。

腰痛

産後は股関節が開き気味のため、腰痛が起きやすくなっています。
また赤ちゃんを抱いたり、おむつを替えるため、腰に負担をかけてしまうものです。腰痛を悪化させてしまうと、何年も痛みが続く場合もあります。

~対策~
産褥ベルトをしっかりと着けましょう。ぎゅっと締めることで、骨盤の歪みを早く正常化させることが出来ます。骨盤が正常の位置になれば、腰痛も起こりにくくなります。骨盤ストレッチも効果的です。産後に起こりやすい尿失禁を防ぐほか、腰回りに筋肉を付けることで腰痛を緩和できます。

骨盤ストレッチのやり方です。参考にしてみて下さい。↓


出典元 https://www.youtube.com/watch?v=_sm7Qok5nHk

最後に

出産後にもいろいろな痛みが起こります。不安に感じる人もいることでしょう。
ある程度覚悟しておくことで、「想像していたより痛くない♪」なんて思えるものです。どうしても痛くて耐えられない場合はガマンせずに、お医者さんや助産師さんに相談しましょうね。

本記事は、2015年4月30日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。