綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,884 記事

首にしわができない!ぴったり合うまくらの選び方

2015年5月4日更新 | 5,927 views | お気に入り 429

枕があっていないことが、体の不調や首へのしわの原因であることが考えられます。正しい枕を選んで睡眠の質をアップさせましょう! 

まくらの役割とは?

まくらは首のカーブを無理なく支えて、敷布団と頭と首の間にできる隙間をうめる役割があります。
首は複雑な動きをするうえに、気道・血流・神経が集中しているので、選ぶまくらによって眠りを大きく左右します。

正しいまくらの選び方

①肉づき、首のカーブによって高さを選んでください。
女性は筋肉量も少ないので低めの枕がフィットしやすいでしょう。

②首が長めの方は大きめの枕を選びましょう。
首の長さによってまくらの大きさは左右します。

③後頭部が丸い方は、頭の丸みに合わせてまくらの中央がへこんでいる枕を選びましょう。

④仰向き寝・横向き寝の両方の状態で楽な姿勢を保てる枕を選びましょう。

枕選びのポイント!

まくら選びはマットレスとの相性を見て選ぶことが重要です。

マットレスがへたってくると体が沈み込むので購入時より枕が低く感じるでしょう。百貨店でしっかり高さを合わせてもマットレスがへたっていると自宅で枕が合わなくなります。
購入時にマットレスの種類(高反発・低反発・硬さ)などの状態を合わせて購入時にお知らせしましょう。

専門のピローフィッターさんがアドバイスをしてくれるお店がおすすめです。

まくらの寿命は3年、マットレスは10年といわれています。
交換時期にも気を付けましょう。

簡単!まくら診断!

imasia_5958002_M

Q:就寝中・就寝後の症状でどれかあてはまるものはありますか?

1)朝、起きたら首や肩が痛い・体がだるい

高さや硬さなど、枕が合わないことが原因で不自然な姿勢で寝ているため体に負担がかかっている可能性があります。

2)横向き寝・うつぶせ寝で寝ることが多い

枕が高すぎるようです。
一度低めの枕を試してみると、あお向けでも楽な姿勢で眠れます。横向き寝やうつぶせ寝などかたよった姿勢で眠っていると身体に負担がかかり首にしわが入り顔がゆがむ原因に・・・。
日常生活にも支障が出てきます。

3)朝起きると枕をしていない

枕が合わないため、無意識に枕を外して楽な姿勢になろうとしています。
枕をしないと血のめぐりが悪くなり、顔がむくむ原因になります。

4)いびきをかく

高い枕や素材がかたよりやすくなっていることが考えられます。
高い枕は、気道を狭くしていびきをかきやすくなります。枕の高さを見直しましょう。

5)枕と頭の間に手を挟む癖がある

枕が低くはありませんか?
また、素材が柔らかく首が安定していないため無意識に手を挟んだり、枕を折って高さを高く調整している可能性があります。長時間手に重みを感じることで、朝、手がしびれてしまう原因になります。

6)口呼吸をしている

枕の首部分が高すぎませんか?
呼吸がしにくくなっていますので、熟睡感が得られにくいでしょう。口を開けたまま寝ることでよだれが出やすくなって枕を汚したり、のどが乾燥することが考えられます。

7)無意識に寝ている間に枕を直す・何度も目が覚める。

中の素材がかたより、寝返りの時も首元が安定しません。
枕をしないと血のめぐりが悪くなるので、素材を見直しましょう。

8)寝る時でも身体の緊張が抜けない

枕や寝具が合っていないため、身体がリラックスできていません。
自分に合った寝具を見つけることで寝つきや、目覚めが良くなるでしょう。

9)朝、顔がむくんでいることがある

枕をしていますか?
枕をしていないと血のめぐりが悪くなり、むくみやすくなります。

10)寝相が悪くて布団をはだける

枕が小さくありませんか?
頭を支えることで身体が安定し寝相もよくなるでしょう。

ぴったり合う枕を使うとどうなる?

あっている枕は、首がすーっとのびていいて首にしわができません!
立っているときの姿勢に近く、首すじもスッと伸び、呼吸が楽にできます。

枕をしていることを忘れるくらい体と一体感があり、全身がリラックスします。 布団に入った瞬間に体の力が抜けて寝つきもよくなります。

枕をしているかしていないかわからないくらいの自然でフィット感のある枕を選びましょう

首にしわが入る原因は?

高すぎる枕を使っている・合わない枕を使っていることがあげられます。
枕の中央が盛り上がっていて、首の支えがなくなります。そのため首にしわが入りやすくなります。

枕をしていないとどうなる?

首すじは伸びますが、頭が心臓より下がるので、顔がむくみやすくなります。首が浮いて緊張しているので、首の疲れがとれません。首のカーブが浅い人は、枕をしているのが苦しくて、枕を使わないケースが多いようです。

おひるねカフェcorne(コロネ)でも枕が苦手な方が多いですが、低めの枕もありますから、体型にあわせて選びましょう。

まくらが苦手・まくらをしない人におすすめのまくら

ロフテー快眠枕・ジュニア
http://loftyonlineshop.com/SHOP/70391/70434/list.html

著者情報
本記事は、2015年5月4日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。