綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,856 記事

ストレスで頭皮も凝るって知ってますか?頭皮の凝りが招く不調とは?

2015年5月15日更新 | 21,473 views | お気に入り 521

最近話題になっている「頭皮の凝り」。ヘッドスパなどが浸透してきて、特に女性は頭皮が固いといろいろ都合の悪いことが起こる、という認識を持つようになってきました。

では、頭皮の凝りが与える影響を正しく理解できていますか?頭皮と顔は近い場所にありますから、顔のたるみやハリにも影響を与えます。体の一部が凝っている状態は、いいことなど一つもなし!一刻も早く解消しておいたほうがいいのです。

ここでは、頭皮の凝りが招く不調や凝りの解消方法などをご紹介します。最近、なんとなく調子が悪いなぁ・・・そんな方は、ぜひ頭皮の凝りを解消してみてください。

頭皮の凝りはなぜ起こる?

まず、頭皮の凝りの原因を知っておきましょう。頭皮は非常に薄い皮膚で、触った感じではそれほど肉厚な部分がなく、「凝る部分なんてある?」と感じる方もいるはずです。肩や首には筋や筋肉があるので凝りやすいというのも分かりますが、頭皮には筋や筋肉が感じられず、凝り固まるイメージもつきづらいと思います。

しかし、頭皮にもしっかりと筋肉があるのです。まぶたの上のあたりにあるのが「前頭筋」、耳の上にあるのが「側頭筋」、後頭部にあるのが「後頭筋」です。これらの筋肉が動かないような状態を「頭皮が凝っている」と言います。

ためしに、頭皮を親指で押し、少し動かしてみてください。固さを感じたり、頭皮が動かなかったりする場合は頭皮が凝っています。凝りがたまりやすいのはデスクワークやスマホをいじる時間が長い人です。現代人、特に10代後半から働き盛りの人はほとんどが当てはまっているといえます。

頭皮の凝りで生じる不調

美容にも悪い頭皮の凝り

頭皮が凝っている状態は、当然ながら美容にも悪影響です。肩こりが血行不良になるように、頭皮の凝りも血行が悪くなります。

血行が悪くなると、

  • 髪の毛の栄養不足によるパサつき
  • キレ毛、抜け毛が多くなる
  • ほほのコケが目立ってくる
  • まぶたがたるんでくる
  • 顔全体のたるみにつながる

などなど、悪影響ばかり。

特に髪のパサつき、顔のたるみに影響が大きいことがわかります。

顔と頭は非常に近いところにありますから、たるみに大きな影響が出やすいということです。前頭筋が凝って弾力が無くなると、まぶたに直接影響が出ます。側頭筋が凝るとほほのたるみに影響してきます。

たるみは見た目にもわかりやすい老けのサインですから、なんとしても防いでおきたいところですね。頭皮の凝りを解消するために必要なのは、とにかく血行をよくして柔らかい筋肉を保ってあげること。頭皮の筋肉を鍛えることはできませんから、手を使ったマッサージでほぐしていきましょう。

全身に影響を与える可能性も!

頭皮の凝りは美容以外の影響もあります。一番わかりやすいのは肩こりや首の凝り、そして頭痛です。血液の循環が妨げられているわけですから、頭痛が起きるのも納得ですね。時には集中力の低下も招いてしまいます。

そして、育毛にも大きく影響します。女性だからと言って安心していたらダメ!頭皮が凝り固まると抜け毛も多くなりますし、髪の毛のパサつきにもつながるのは前述したとおりですし、常に新鮮な血液を送り込んで栄養を与えておくことで、ハリのある髪の毛を保てるのです。

将来の抜け毛や薄毛を防ぐためにも、頭皮の凝りはしっかりと改称しておきましょう。筋肉を柔らかくするのは非常に良いことです。頭皮以外の筋肉も柔らかく保って、血流を良くしておくとさらに良い効果を期待できます。

まとめ

頭皮の凝りは、見た目にも大きな影響を与えます。髪のパサつきやたるみにつながるのは女性としてありがたくないですよね。ヘッドマッサージを毎日5分程度繰り返すだけでも十分解消されますから、根気よく続けていきましょう。

肩こりや頭痛がひどい人は、肩だけではなく全身の凝りをほぐすつもりで、ヘッドマッサージも取り入れてください。血行不良を解消するのは良いことばかり!「なんとなく体がだるい」という状況も解消してくれます。毎日のストレッチに、「お風呂でヘッドマッサージ」も加えてみてくださいね。

著者情報

アンチエイジング・美容・健康に関する情報を集めるのが得意。『とりあえず自分でやってみる!』がモットー。実践に基づくキレイ情報をお届けします。

本記事は、2015年5月15日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。