綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,879 記事

油断禁物!ゼロカロリーの落とし穴

著者情報

心と身体を鍛える空手の魅力にはまりそうな今日この頃です。

2014年8月29日更新 | 1,776 views | お気に入り 453

カロリーにばかり気を取られていませんか?

最近では、ゼロカロリーな商品が巷に多く出回っていて、(筆者を含めて)ダイエット中の方にはアリガタ~イ限りです。このゼロカロリー商品。食べてみると、意外とカロリー有の商品と同じくらい甘かったり、美味しかったり。これってどんな仕組みなのか?不思議に思っている人も多いかも。

ゼロカロリー商品の定義

厳密に言うと、ゼロカロリーだからといって、本当に全ての商品が0kalというわけではありません。厚生労働省が出している栄養表示基準では、「100g(ml)あたり5kal未満であれば、「ゼロカロリー」と表示しても良い」、とされています。

因みに、定義で言えば、ゼロカロリーとノンカロリーは同じで、カロリーオフは100g(ml)あたり20kal以下の場合の表示となります。

更に、「砂糖不使用」は、砂糖、は使っていません。ただし、次にお話するような甘味料などを使っている、という場合がほとんどです。

甘さの秘密は甘味料にあり。

多くのゼロカロリーのお菓子やスイーツには、甘味料というものが使われています。甘味料には、人工甘味料(アスパルテームなど)と天然甘味料(ステビア、羅漢果、トレハロースなど)とがあります。

人工甘味料は取りすぎに注意

人工甘味料は、その名のとおり人工的に作られていますので、継続して大量に摂取する実は副作用が出る可能性もあることを十分認識しておかなければいけません。副作用として挙げられるのは、目・耳・神経系・胃腸系・皮膚系、とあらゆる可能性があるのですが、あくまでも継続して大量に摂取した場合。あまりにもゼロカロリーの商品ばかり摂取するのはおすすめしない、ということなんです。

甘味料の摂取過多は逆に太りやすい体質になる可能性も

甘味料を摂取すると、カロリーはありませんが、体の中では、きちんと甘いものを摂取した流れで処理され、結果、太りやすい体質になる可能性もあるため、これら甘味料の摂取は、やはりほどほどに、がよさそうです。

大切なのは、健康的に痩せる、ということ。

ゼロカロリーと上手にお付き合い

ゼロカロリー商品にばかり頼らず、健康的な毎日、健康的なダイエットをするポイントは、

バランスの良い食生活+時々ゼロカロリーでご褒美
出来るだけ天然甘味料の体に優しいものを選ぶ
ゼロカロリーだからといって安心しすぎない

基本的な正しい食生活があってこその、健康な体、健康なダイエットです。そのちょっとした合間に、時々自分に、ゼロカロリーでプチご褒美程度がちょうど良いのではないでしょうか。人工甘味料よりも天然のステビアやキシリトールを選ぶと、体にも優しいご褒美になります。そして最後に、ゼロカロリーを食べたからといって、安心して他のスイーツや食事をガンガンに食べると・・・、絶対に痩せません!実はこれが、ゼロカロリーの一番の落とし穴かもしれませんね・・・。

本記事は、2014年8月29日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。