綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,863 記事

ダイエットあるある・運動するまでのジレンマ解決方法

著者情報

ダイエットの通訳・Body care Room主宰

2014年8月28日更新 | 2,684 views | お気に入り 394

ダイエット中にモヤモヤしたこと事、ありませんか?

ダイエットを強く決意して、うまくいきそうもない気配を感じつつスタート。やっぱりやっぱりうまくいかないモヤモヤ。やろうと決めたことをやらずに落ち込んだり、自己評価を下げて来た人必見。今回は、ダイエット中によくある運動のジレンマを、その気になれば、ダイエットが楽になるポイントにするアイディアをご紹介します。

どんな運動をすればいいの?

本当のところ、多くの人はなにをすれば良いかご存知のことが多く、早く痩せたい、失敗を避けたいお気持ちから伺う質問です。

答えは、「ご自身が興味のあることや好きなこと」

そこを無視すると、挫折しがちのようです。

ダイエットをはじめた人から「朝、ジョギングすることにします!」爽やかなフレーズをよく聞きます。
これは、朝運動することに慣れていらっしゃったり、ジョギングがお好きでしたらやりやすいでしょうし、そうでない場合は、以下のように慣れることから始めることをおススメします。

5~10分といった短い時間から始める(または、時間枠を決めず無理をしない)
目標を「毎日続けること」にすり変えない

「5~10分で痩せるわけないじゃん!」と聞こえてきそうですが、今のご自身に無理があることを選ぶと、先が見えます。
また、痩せるためにはじめたはずの運動が、いつの間にか毎日続けることにすり替わり、1日2日…3日とできない日が増えると「わたしはだらしがない」「自分に甘い」ストレスも増えてしまいます。

大切なことは、以前より健康的な生活を実感した結果、痩せること。

習慣になっていないことを取り入れるときは、「ちょっと体験」くらいからはじめて、運動の意義や効果を身体で実感すると、楽しさがわかりますよ。ダイエット=ジョギングというイメージは根強いですが、もちろん歩いても良いですし、お好きな運動を気軽に挑戦してみましょう。やってみて効果が出ないときは、加減・調整をすることをお忘れなく。

運動するまでに時間がかかってしまうときに楽になるアイディア

次は、運動するまでに時間がかかってしまうときに楽になるアイディアをご紹介します。

「動けば良いのはわかるけれど、気力が出ない」

「ご飯を食べたらやろう…」

「このTVが終わったらやろう…」

「きっとまたやらないだろうな~…」

「横になったついでに、今寝ようとしている…」

「寝ちゃお…」

「うたた寝をしてしまって、今3時…」

丑三つ時に目を覚まし、自己嫌悪を抱えている人はとっても多いです。多いですが、お一人の悩みではないことを考えたら、少し心強くありませんか。ちょっと笑っちゃった人・ほっとした人は、楽になりましょう。

流れに入ったときに動けば良いことはお分かりになると思いますが、運動を足す前に引くものがあります。それは「過剰なプレッシャー」です。

やろう!と思うことは良いことですが、プレッシャーをかけ過ぎると余計やりにくくなるもの。「宿題やりなさい」と言われれば言われるほど、「わかってるけどやる気がしない」と思った子供時代。わかっているけれどできないのは、「やりづらい」とか「今気持がそっちに向いていない」ということではないかと思います。

ご自身の行動の流れをいちいちチェックして、「きっとやらない」と他人から言われたら明らかにイラッとしたり落ち込んだりすると思いますが、このくだりを一人でやってストレスをためている人は多いです。

まずは、「自分ができそうなことを選ぶ」、「自分の邪魔をしない」など、とっても身近な環境をやりやすく整えましょう。

いかがでしたか?

今までの緊張から解放されると、スッキリし始める人は多いです。今まではご自身の評価は低かったかもしれませんが、案外ダイエットやご自身の行動を真摯に向き合っていたのかもしれません。

苦しさややりずらさが減ったら、楽。そこから楽しいがはじまるのではないでしょうか。

本記事は、2014年8月28日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。