綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,863 記事

ダイエット成功を導く、寝る前の習慣4つ

著者情報

ダイエットの通訳・Body care Room主宰

2014年8月28日更新 | 4,936 views | お気に入り 377

ダイエット成功の秘訣は、寝る前の習慣がポイント

なんとなくわかっていながらも、やりづらかった美容生活を、やりやすいようにご紹介いたします。

 

①食べ物

「満腹のまま寝ると太る」のはおわかりだと思いますが、朝起きづらいことにも気づいていらっしゃいますか?
睡眠中は解毒の時間といわれ、その時間に消化吸収を行うと、身体が疲れてスッと起きられません。
「たくさん食べてしまった」「空腹になってから寝なきゃ」葛藤した結果、テレビを観ながらうたたねをする……なんていうことはよくあること。

食べ物の習慣ポイント

素食は回復を促すといわれます。寝る時間を解毒の時間にできるよう、夜は軽いものを食べましょう。
寝る前に空腹が気になったときは、「キレイになるサイン!」「回復のサイン!」とご自身に教えてあげましょう。仕事のあとのストレスで衝動的に食べてしまう人は、食べることに意識が集中する癖が根強いことが考えられます。
身体はもちろん食が大切な要素ですが、他の要素も実は重要。以下でご紹介するないようも参考にして見てください。

 

②ストレッチ

意識が食べ物にいきやすい人は、身体のケアが置き去りになりがちです。
ストレッチとは、筋肉を伸展させコンディションを整えたり、関節可動域を広げるもの。集中したりストレスがあるときは、脳からの緊張が身体に伝わり、またその逆に身体の緊張が脳に伝わります。
寝る前のストレッチは、ポーズを作ったら、力を抜いてソフトに行いましょう。
デスクワークの人は肩こりを気にしていますが、デスクワーク中、身体を支えるために力んでいるのは下半身。
女性ですと、座った状態でつま先のまま仕事をしている人も多いです。またヒールを履く機会が多い人は、ふくらはぎやすねがパンパンです。身体を支える足の裏や足首は、日々頑張っていても静かに耐えています。

ストレッチ習慣のポイント

足首をゆったり無理なく回してみたり、つま先を伸ばす・つま先を立てるなど前後運動を行ってからのストレッチはおススメです。余裕があれば、足の裏を指の腹でソフトにマッサージしてみましょう。

 

③環境

寝る前は、部屋の明かりをトーンダウンさせたり、行動の強さもフェイドアウトさせリラックスを心がけましょう。リラックス自体苦手な人は多いですが、それくらい身体本来の状態は日々忘れ去られがちです。
「リラックスできない」ことに意識を向けると緊張している人はよけい緊張してしまいます。今日のところのリラックスを大切に、なるべくゆるめてあげる気持ちでOK。

環境の習慣ポイント

忙しくてバタバタしているうちに一日が終わってしまう人は、家事の間も必要以上に力んで疲れていることがあります。自分だけのリラックスタイムを確保することが難しい人は、いつもの習慣の力みを抜くように心掛けるだけで、心に余裕が生まれますよ。

 

④睡眠時間

「○時間寝ると痩せる」「22~2時の間は成長ホルモンが出るゴールデンタイム」いろんな説がありますが、「その時間に寝なければ!」とプレッシャーを感じた上に、そのとおりにできず罪悪感を覚える人も多いです。
ダメだダメだとわかっていながら、ゲームをする、スマホを観る、テレビが消せない。そんなときは、観るなら観るで割り切って、翌日効率が悪いようであれば諦めて自主的に確保することから始めましょう。

睡眠時間の習慣ポイント

心身の状態やプライベートな状況は日々違います。毎日同じ時間帯に寝れないことや不摂生したことをいつまでも引きずらないことは大切です。
「○時間寝ればいいですか?」という質問に答えるのは、人によりますのでとっても難しいです。そのかわり、自分に聞いてみるとあなたにベストな答えがあっさり出ますよ。

 

いかがでしたか?

あなたに合う答えは、あなたの中にあるのが実際です。
情報に振り回されず、情報を生かすようにしてみて下さいね。

本記事は、2014年8月28日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。