綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,884 記事

理想のボディメイクにはエクササイズが肝心!

2015年5月25日更新 | 8,495 views | お気に入り 443

薄着の季節がやってきました。窓に映った自分の姿を見てドキッとした人もいるのではないでしょうか。夏まであと3ヶ月。今からスタートすれば大丈夫!海でビキニを着たり、街でショートパンツを履きこなすことができる「憧れボディ」を目指しましょう。

理想のボディを作るために肝心なのがエクササイズ。混同されがちですが、「エクササイズ」とは、運動全般の総称です。

その中でも、ボディメイクに必要なエクササイズは、「筋力トレーニング(筋トレ)」
理想のボディというのは、細ければ細いほうがよいというわけではありません。いくら細くても歩くと太もものお肉が揺れたり、肌ツヤが悪く見えてしまっては、健康的とはいえませんよね。健康的なスタイルになるために必要なのは筋肉です。筋肉は肌にハリを与え、ボディラインにメリハリをつけてくれます。筋トレはスポーツのためのものだと思われがちですが、理想のボディになるためにも必須なんです。

今回は、知らないと損する!?女性に嬉しい筋トレの効果を3つお教えします。

女性に嬉しい筋トレの3つの効果

1.脂肪燃焼と太りにくい体作り

筋肉には、脂肪燃焼をしてくれるかまどの役割があります。
脂肪がたくさん燃えるためには、かまどが大きい方が効率的。

女性は筋肉をつけることを敬遠しがちですが、筋肉量が多いからといってマッチョになるわけではありません。バレリーナは筋肉量が多くてもマッチョではないですよね?トレーニングの方法でスタイルは変わります。
ダイエットをしたいと思っている人は、「30秒キープ」といった秒数で行なうものや、「30回」など回数が多めの、呼吸を止めずに行なえる筋トレがよいでしょう。
筋肉が増えることで、食べても太りにくい、疲れにくい体を作ることができます。

2.重力に負けない上向きボディ

加齢とともに気になるのがたるみ。
特にお尻や胸は、大きな筋肉の上に脂肪があります。脂肪を支える土台となる筋肉が、加齢とともに減ることで、土台を失って重力に負けて脂肪が垂れてしまうのです。筋トレを行なうことでしっかりとした脂肪の土台をつくり、上向きでメリハリのある女性的な体のラインをつくることができます。

3.成長ホルモンで若返り

筋トレをすると、筋肉が傷つき、それが治ることで筋肉が強くなります。その過程で、体内では「成長ホルモン」が分泌されます。

成長ホルモンとは、体内の細胞の活性化をさせるホルモン。
肌にハリを持たせてくれたり、脂肪の燃焼、視力強化、免疫力アップにも効果があるんです!
成長ホルモンの分泌量は、30歳以降は10歳ごとに25%ずつ低下するといわれていて、これに伴い、肌のハリが減り、シワが目立ち始めます。成長ホルモンは、成長期の子供だけでなく、睡眠時と筋トレ直後に分泌されるので、筋トレなどエクササイズをする人は、成長ホルモンの分泌により同世代の人より若々しいのです。
高級クリームを肌から塗り込むより、筋トレをして体内で成長ホルモンをだす方が効果的だといえるでしょう。

トレーニングを行なうメリットはおわかりいただけましたか?
それでもなかなか続かない人は、まずは5分から始めましょう。

1日5分のトレーニングを続けたら…

  • 3ヶ月で7.5時間
  • 1年で30.4時間
  • 5年で152時間

5分だけでも続けた人と、なにもやっていない人では、未来のスタイルや肌に大きな差がうまれます。理想のボディをつくってその後も維持するために、続けられる時間と強度を選びましょう。最初からハードなものや、長い時間が必要なものを選ぶと、忙しかったり、ダイエットのモチベーションが下がるとやらなくなってしまいます。

トレーニングをする時間がないという方でも、テレビを見る時間やお菓子を食べる時間はあるのではないでしょうか。夏までに理想のボディになりたいなら、生活の中の筋トレの優先順位をあげましょう。1種類だけでも続けることが大事。投げ出さないこと、何もしない日を作らないことの積み重ねが結果につながります。

モチベーションが上がったところで、体の前側全体を鍛えられるトレーニングをお教えします。自分の体重を負荷にして秒数で体勢をキープするので、細くしなやかな筋肉を付けられますよ。 

体の前側全体を鍛えるトレーニング

1:床に左右のひじ、ひざを付けた姿勢で、ひじを直角に曲げてスタンバイします。

2:頭から足まで1枚の板になったつもりで、足を一直線に伸ばして20秒キープ。
腰を痛めないよう、着地するときはお腹からではなく、ひざから。
これを3セット行いましょう。

簡単そうに見えて意外とキツいですが、頑張って!毎日の生活にエクササイズを取り入れて健康的なボディを手に入れましょうね。

著者情報

ダイエットコーチ

本記事は、2015年5月25日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。