綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,742 記事

汗臭いと感じさせない!ニオイ対策に重要なサラサラ汗のかき方

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

2015年5月29日更新 | 1,902 views | お気に入り 251

汗臭い

夏になると汗臭さが気になる!と感じている方におすすめなのが、汗対策です。汗をまったくかかないようにするのではなく、良い汗をかくことでニオイを感じさせない方法です。制汗剤でごまかすのではなく、元からニオわない人になりたい方におすすめの情報です。

子どもの頃は臭くなかった

誰でも子どもの頃は汗臭さは感じなかったはずです。ニオイを感じ始めるのはいつ頃でしょうか。思春期でホルモンが活発になる年齢、大人になってから、更年期の年代など様々だと思います。どの年齢でも子どものころの汗とは何となく違うと感じられますね。子どもの汗が臭くないのは良い汗をかいているから。大人になっても汗対策をすれば夏に汗をかいて汗臭く無い人になれますよ。

ニオイがある汗とは?

汗臭い

汗のニオイを感じるのは良い汗か?悪い汗か?で決まってきます。子どもの頃は汗をたくさんかいて良い汗をかけていたのに、大人になるに従い悪い汗に変わってくる人がいます。

良い汗

  • サラサラしている
  • 汗が肌に残りにくい
  • ニオイが少ない
  • 汗にミネラルが少ない
  • 汗をかいてもスッキリ

汗は小粒で汗腺からじわじわと出るため、汗が発散しやすくサラッとしています。体温調整に役立ち、汗をかいても体力を奪われる感じがしません。

悪い汗

  • 汗をかくとべた付く
  • 汗が発散しにくく残りやすい
  • 汗臭さを感じる
  • ミネラルが多く汗が乾くと粉が吹くことも
  • 脇汗など部分的に大量の汗をかいたりする

大粒で部分的に大量な汗をかくと感じられたり、汗を舐めるとしょっぱい味で、体温を下げる能力が低く体力を奪われがちです。

良い汗をかくためには?

良い汗

つまりニオイを感じさせない汗にするためには、良い汗にする必要があります。一言でいえば汗腺を鍛えること。普段運動をしていない方、夏はシャワーで済ませる方は要注意です。

① 汗がじわっと出るくらいの運動を続ける

② エアコンを使いすぎないで、自然の汗をかこう

③ 夏でも1日の終わりに半身浴を

④ たまに岩盤浴やサウナに行くのも良い

⑤ ストレスを無くす(悪い汗になりやすい)

女性が見逃しやすいニオイの元

女性が見逃しやすい汗臭さの原因のひとつが、体の冷えです。体が冷えると血流が悪くなり、老廃物の排泄が上手くいきにくくなります。汗対策をちゃんとしてもニオイが気になる方は、同時に冷え対策もしてみましょう。半身浴や運動、ストレス改善も冷え症改善に繋がるためおすすめです。

まとめ

現代人は悪い汗の人が増えています。気温が高いときにすぐ汗が流れ出ると感じる人は注意してみてください。良い汗をかいている人は体全体で発汗でき、汗自体はあまり粒にならないのです。良い汗になる対策をしながら汗臭さを改善したいものですね。

本記事は、2015年5月29日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。