綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,851 記事

足のむくみスッキリ!夏前にカッサで美脚を手に入れる方法

2015年5月28日更新 | 24,277 views | お気に入り 545

気温の上昇とともに、肌を露出するファッションを楽しむ方が多いのではないでしょうか。
実は、筆者もその1人。
今年の夏のファッションを連想して、洋服や小物を集めているところです。

しかし、ここで忘れてはいけないのが、ボディのお手入れ。
保湿や無駄毛処理ももちろん大切ですが、忘れがちなのがパーツケア。特に目につきやすい足のケアは念入りに行うことをおすすめします。

そこで、今回は足のむくみやセルライト解消に効果が期待できるカッサを使ったマッサージ方法をご紹介します。

ケアを始める前にボディチェック!

ケアを始める前にぜひ行っていただきたいのが、「ボディチェック」。
全身に言えることですが、普段自分では前面からの状態ばかりチェックしがちですが、人から見られているのはバックやサイド。

大きな鏡の前で肌を露出し、様々な角度からチェックすることが大切です。

カッサでマッサージする方法

ボディチェックで自分がケアすべき部分を把握したら、実際にその部分を中心にケアしていきましょう。手でマッサージすることももちろん有効ですが、力加減が難しい人などにおすすめなのがカッサを使ってマッサージする方法。力をそれほど必要とせず、またツボも効果的に刺激することができるためおすすめです。

筆者が愛用しているカッサは、アユーラのもの。
以前は別のものを使用していましたが、陶器製でお手入れもしやすく、握りやすくて軽い点に惹かれ、最近こちらのカッサに切り替えました。

※市販のかっさでも代用できます。

カッサマッサージする際に使用したいもの

カッサの滑りをよくし、肌への負担を軽減するために、マッサージをする前の足にジェルやクリーム、オイルなどを塗っておきましょう。

写真左から、
HABA R&Lボディジェル、ソンバーユ、美香百花 ボディクリーム


【写真:筆者が実際に愛用しているジェル、クリーム、オイル】

マッサージする際に心掛けたいことは、「心臓より遠い場所から心臓に向かってマッサージしていく」ということ。そして、イタ気持ちいいと感じる強さで行い、各箇所を3~5回程度無理のない範囲で行うことをおすすめします。
なお、カッサでマッサージする場合は、足の甲から行っていきます。

カッサでマッサージ

1. 足の甲

 

足の甲の少し上、くるぶしの近くにむくみを解消するツボがあります。

指のつけねあたりからツボ方向に向かってカッサでマッサージし、最後にツボを刺激すると効果的です。この時、カッサの先端を使ってマッサージすると、ツボも刺激しやすいでしょう。

2. くるぶし

くるぶしは、反時計回りにマッサージしましょう。カッサは先端を使うとマッサージしやすいでしょう。

3. ふくらはぎ

ふくらはぎ部分も下から上に向かってカッサを滑らせましょう。

側面からと裏側中央部分の左右2カ所を行いましょう。
特に裏側、つまりふくらはぎの中央部分には、足の疲れやむくみを解消したり、老廃物を排出する効果のあるツボがいくつか存在します。忙しい日は、この部分だけでもマッサージするようにしましょう。
どちらの部分もカッサの側面を利用すると、広範囲にわたってマッサージすることができます。

4. 太もも

膝の少し上あたりから足のつけねの手前あたりまでカッサを滑らせましょう。この時、カッサは側面部分を使いましょう。

 

そして、最後に太ももの外側中央付近にあるツボを刺激しましょう。代謝や血行をよくし、老廃物の排出をスムーズにしてくれる効果が期待できます。

いかがでしたか?

この夏は、カッサで効果的にマッサージし、すらりとした足で流行のファッションを楽しまれてはいかがでしょうか。

[kiji:15240]はこちら⇒

著者情報

アンチエイジングアドバイザー・@cosme公認ビューティスト

本記事は、2015年5月28日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。