綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,861 記事

キヌアでデトックス!美肌&アンチエイジングレシピ

2015年6月2日更新 | 4,118 views | お気に入り 513

ハリウッドセレブやモデルさんたちが食べているキヌア。
一つ一つの粒は小さいのに、たっぷりの栄養を含んでいるスーパーフードです。
最近ではスーパーなどで簡単に手に入れることができます。

身近になったスーパーフード、キヌアの魅力と簡単レシピを紹介します。

キヌアの美容効果

キビやアワと同じ雑穀の仲間のキヌアにはどのような栄養が詰まっており、その効果とはどんなものなのでしょうか?

良質な脂質

キヌアには良質な脂質が含まれています。脂質なんて美の敵!と思いがちですが、良質な脂質は美肌やダイエットに必要なものです。キヌアのリノレン酸は、健康や美容の役に立ってくれます。

リノレン酸の詳しい効果はこちらを参考にしてみてください。↓
[kiji:12850]

フィトエストロゲン

エストロゲンと言えば、女性ホルモン。これが減少すると肌が老化したり、骨がもろくなったりと、いろいろな障害が出てしまいます。いわゆる更年期障害と言われる症状が現れてしまうんですね。

キヌアにはフィトエストロゲンという成分が含まれており、エストロゲンと同じ働きをします。キヌアを食することで、加齢やストレスによって減少してしまった女性ホルモンを補い、イキイキとした美を保ってくれます。

他にも、白米の6倍のカルシウム、5倍の鉄、10倍の食物繊維を持っています。
ビタミンB群、ビタミンD、マグネシウム、カリウム、リンなども含まれており、まさに、スーパーミラクルな雑穀です。

基本的なキヌアの茹で方

キヌアも調理しなければ食べられません。
まずは、基本的なキヌアの茹で方を紹介します。

材料
キヌア・・・計量カップ1/2
水・・・計量カップ1

①キヌアは水で良く洗います。水が白く濁らないようになるまで2~3回洗いましょう。

キヌアは小さな粒なので、目の細かいザルを使って洗いましょう。

②鍋に水を入れ、強火で沸騰させます。

③水が沸騰したら、キヌアを入れます。

④中火にし、10~15分ほど茹でましょう。

⑤水分が飛んで、パラパラになったら完成です。

ちょっと食べてみて、芯が残っていなければOK。
かたいかな~と思ったら、少量の水を加えてゆで時間を伸ばしてください。
クルンとおひげが出てきて、透明感が出てきた時が完成の合図ですよ。

使わない分の茹でキヌアは、ラップに包んで冷凍保存しておきましょう。
使う時に解凍すれば、いちいちキヌアを茹でる手間が省けます。
著者は大さじ2杯をラップに包んで保存。↓

 

キヌア入りきんぴら

キヌアには豊富な食物繊維が含まれています。そこで同じく食物繊維が豊富なごぼうと合わせて、きんぴらを作ってみましょう。キヌア&ごぼうでデトックスしちゃいましょう!

材料~4人分~
  • 茹でたキヌア・・・大さじ2杯
  • ごぼう・・・1本
  • 人参・・・1本
  • ごま油・・・適量
  • ☆料理酒・・・大さじ1
  • ☆みりん・・・大さじ2
  • 水・・・大さじ2
  • 一味唐辛子・・・適量
  • ☆しょうゆ・・・大さじ1と1/2
作り方

①ごぼうと、人参は細切りにします。

※著者は食べごたえが欲しかったので、ちょっと太めにカットしています。
お好みで太さは変えてくださいね。

②フライパンにごま油を入れ、ごぼうと人参を投入し炒めます。

③ごぼうと人参がしんなりしてきたら、キヌアも入れます。

④☆の調味料と水を加えます。味が浸み込むようにグツグツ煮ます。

⑤水分が飛び味が浸みたら、一味唐辛子(七味唐辛子でもOK)をかけて混ぜます。

⑥お皿に盛ったら完成です。

最後に

キヌアは味が主張しすぎないので、いろいろな料理に使えます。サラダやスープにプラスしたり、ご飯と一緒に炊いたりして美味しく食べましょう。

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

本記事は、2015年6月2日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。