綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,860 記事

防ごう卵子の老化!予防レシピ

2015年6月18日更新 | 4,992 views | お気に入り 565

 

最近よく聞く卵子の老化。
卵子凍結も一つの選択肢ですがなかなかハードルが高いもの。まずは自分で卵子を守ってあげましょう。

妊活にも役立つ情報はこちら→基礎体温について

本日のメニュー

1、 卵子の老化とは?
2、 活性酸素がワルい? 
3、 卵子の老化 予防レシピ 

1、 卵子の老化とは?

女性の体の中には生まれた時に約400万個の卵子がありますが思春期には30万個に減ってしまいます。その後1カ月に数百から数千とどんどん減っていってしまいます。
特に37歳ごろから減少に拍車がかかるといわれています。

しかし実は妊娠できるかという問題には卵子の数だけでなく「質」が問題になってきます。この質が落ちて行ってしまうことを卵子の老化と言いますが、その原因は何なのでしょうか?

ひとつは年齢ですがそれはどうにもならないこと。
では私たちが対処できる原因とは何なのでしょうか?

2、 活性酸素がワルい?

その一つが最近耳にするようになった活性酸素。
お肌の老化を引き起こしたり、病気を引き起こしたりと体に悪いイメージですよね。この活性酸素は卵子の老化にも深くかかわっているんです。

しかしただの悪者かというとそうではなく、卵子が卵巣から飛び出して排卵がうまくいくのは活性酸素の働きのおかげ。しかしその活性酸素が過剰になってしまうと卵子の質が低下してしまうのです。

では活性酸素から大事な卵子をどのようにして守ればよいのでしょうか?
先ほどもお話ししたように活性酸素は体にとってなくてはならないもの。ただ、それが過剰になってしまうことが問題です。つまり活性酸素を多量に発生させるものを避ける、逆に出来てしまった過剰な活性酸素を抑えてくれるものを摂ることが重要なのです。

活性酸素を多量に発生して卵子を老化させてしまうものはタバコ!
妊娠したらやめなければならないので、今のうちに禁煙にチャレンジしてみましょう。とはいってもやめたくてもなかなかやめられないのがタバコ。薬を使用して禁煙のお手伝いをしている病院もあるので聞いてみてください。

では過剰な活性酸素を抑えてくれるものとは?

3、 卵子を守るレシピ

過剰な活性酸素を抑えてくれるのは抗酸化物質といわれるもの。
有名なものではビタミンCやビタミンE
Lアルギニンといわれるものも血流改善作用により不妊治療に効果があると報告されています。

ではお勧めレシピを見ていきましょう。

【お菓子編】抹茶黒糖アーモンド

ビタミンEが豊富で有名なアーモンド。
でも実は同じくらい豊富に含んでいるのが抹茶。抹茶はビタミンCも豊富なのでキレイの要素がいっぱい。手軽に作れるので試してみてください。

【材料】
  • アーモンド(ホール)・・・大さじ4~5杯
  • 黒糖・・・30g
  • 水・・・大さじ3杯
  • 抹茶の粉・・・大さじ1.5杯

1、アーモンドをフライパンで弱火で軽く炒る

2、アーモンドを出して、フライパンに黒糖と水を入れて粘度が出るまで煮詰める。

3、アーモンドを戻して絡める。

4、熱いうちにくっつかないように一個一個抹茶の粉をまぶす。

5、できあがり!
 (黒糖が苦手な人はホワイトチョコを溶かして使用しても美味しいですよ)

【食事編】高野豆腐とひじきのゴマ風味サラダ

大豆もビタミンEが多いので有名ですが、大豆製品の中でも高野豆腐は優秀。また大豆やゴマはLアルギニンも豊富。 女性の貧血に効果的な鉄分たっぷりのひじきを加えてぱぱっと手軽なサラダです。

【材料】
  • 高野豆腐・・・2枚
  • ひじき・・・10g(乾燥)
  • ネギ・・・(小口切り)適量
  • 和風だし・・・300cc
  • 白すりゴマ・・・大さじ2
  • マヨネーズ・・・大さじ2
  • 醤油・・・小さじ1

1、 高野豆腐を水で戻して、水気をきる。

2、 和風だしで中火で5分ほど煮て、そのまま冷まして1cmの角切りにする。

3、 残っただしでひじきをさっと煮て、ざるにあげる。

4、 白すりごま、マヨネーズ、醤油を混ぜておく。

5、 高野豆腐、ひじき、ネギを4であえて出来上がり。

高野豆腐、ひじきはだしで煮た方が美味しいですが、時間がなければ水で戻すだけでもOK!

まとめ

いかがでしたか?卵子の老化はどうしようもない…、と思っている方が多いと思いますが心掛け次第。

ビタミンC,E、Lアルギニンなどを摂ったり、喫煙をやめるなど少し気を付けて身体のなかからキレイを目指しましょう!

著者情報
本記事は、2015年6月18日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。