綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,812 記事

美脚になりたい!すらっとした脚を手に入れる足痩せ方法

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

2014年8月29日更新 | 19,249 views | お気に入り 326

美脚

美脚といっても女性から見るキレイな脚と、男性目線で考える美脚は多少条件が異なっています。女性が憧れる細いだけの脚はひたすら脂肪をそぎ落とす方法のため、最悪の場合はただの真っ直ぐな細い脚にもなりかねません。万人に受ける脚を目指すならメリハリを出しましょう。

そんな美脚になるための条件とマッサージや運動、ストレッチを通し美しい脚になる方法を紹介します。

誰もが憧れる美脚の条件

女性が憧れるモデルのようなすらっと細い脚は万人に受けるわけではありません。誰もがうらやむ脚とはバランスが良いもので、黄金比を兼ね備えています。

太ももを5、ふくらはぎが3、足首が2が理想的です。黄金比を持つ女性でよくいわれるのはミロのヴィーナスです。決して痩せているわけではないのに、誰もが美しいと思うのは黄金比によるものだったのです。

黄金比に当てはめるとヒップが大きい人は太ももにサイズがあり、ふくらはぎや足首だってサイズがあることに。骨盤が小さい人はそれなりに脚もすらっとしているわけ。人によって黄金バランスが異なるのですから、脚の太さにこだわる必要なんか無いんですよ。

理想の黄金比になれるダイエット方法

脚にメリハリが重要だということがわかったら、単に体重だけを落せばよいということでは無いとわかったはず。筋トレ、マッサージ、ストレッチなどで適度に引き締めましょう。また、ゾウさんみたいなメリハリが無い脚は冷えによるむくみの原因も大きいため、脚を適度に動かし血流を良くすることも重要です。それでは具体的な対策方法を見ていきましょう。

筋トレ

筋トレ

下半身に筋肉が付くとメリハリが出て、水分代謝も良くなるためむくみ解消にも繋がります。毎日たった3分でできる筋トレ方法を紹介しましょう。

■四つんばいでヒップと太ももの後ろに効く

① 四つんばいになります。

② 片足を後ろに引き、床と平行になるように足を上げキープ。

③ これを左右繰り返し、計10回~20回ほど行ないます。

ヒップの筋肉は意外と日常生活では使っていません。最初はプルプルしますが、それが効いている証拠です。

■太ももの内側を鍛える

① 脚を肩幅より広く大きく開き、つま先を外側に向けます。

② その姿勢で腰を太ももと平行になるくらい落とします。

③ 元の姿勢に戻ります。10回から20回くらいを2セットか3セット行います。

普段脚を組む癖のある人は内ももの筋肉が衰えています。靴が外側に磨り減る人、O脚の人もこの部分が弱っている証拠です。

マッサージ

健康法としても注目されるふくらはぎマッサージを紹介します。ふくらはぎの内側、中央、外側をそれぞれ痛気持ちいくらい揉み解すだけです。ふくらはぎは第二の心臓、ここを刺激すると全身に血液が届けられむくみが解消されます。

ストレッチ

足首のストレッチ

ストレッチは脚の冷えを解消する方法です。特に女性の場合は足首より下が冷えているため、足首を回して血流を改善します。

①入浴後からだが温まっている際に足首をゆっくりと回します。足首が冷えて硬くなっている人は特に念入りに。

②足首から下を上下にゆっくりと動かします。この時一緒にふくらはぎのストレッチにもなります。

まとめ

いかがでしたか?どの方法も1日数分程度の方法ばかり。毎日続けられる簡単な方法が一番美脚に近づきます。是非毎日実践してみましょう。

本記事は、2014年8月29日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。