綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,812 記事

ムキムキのふくらはぎ!?筋肉太りを解消してほっそり美脚になるためのポイント

著者情報

心と身体を鍛える空手の魅力にはまりそうな今日この頃です。

2015年6月30日更新 | 15,921 views | お気に入り 351

imasia_14892020_M

ミニスカートから覗くスラリとした足って羨ましいですよね。キュッと引き締まった足首、ふくらはぎは、男子だけでなく、女子だって思わず見とれてしまうものです。筋張った男子の足と違って、女性ならではのなめらかさと繊細さが見えるような足。いいなぁ~、とふと我に返ると・・・キャー!なんなんだこのししゃも足・・・涙。

筋肉太りの原因とは!?

適度な運動をしているのに、なかなかふくらはぎが引き締まらない、という方は、下半身が冷えている可能性があります。次の項目をチェックしてみてください。

過去に激しい運動を行っていた
いつも同じ方の脚を組んで座っている
下半身、特にふくらはぎや足首が冷たい
立ち仕事やデスクワーク等、同じ姿勢で過ごす時間が長い
お風呂はシャワーで済ませることが多い

これらの項目に該当していると、硬い筋肉によりリンパの流れや血行が悪くなっている可能性があります。そのまま運動をしても反って逆効果で更にムキムキなふくらはぎとなってしまうのです。また、いつも同じ方の脚を組んでいることも、骨盤の歪みを引き起こし、結果下半身の冷えを招いてしまう結果になります。ムキムキ筋肉は、牛肉に例えるなら”霜降り状態”です。筋肉の間に脂肪が入り込んでいるため、老廃物が溜まりやすくなり、結果ムキムキな硬い筋肉になってしまうというわけです。

ということは大前提として

筋肉太りのふくらはぎを細くしたいなら、硬い筋肉のままでの運動はNG

ということなんです。

筋肉太り解消でほっそりふくらはぎへの道

キーワードは”マシュマロなふくらはぎ”。つまり柔らかい筋肉に変えて血行を良くするということです。そのためのプロセスは次のとおりです。

1.歩き方、座り方をチェック
2.毎日湯船に浸かる
3.脚を丁寧にマッサージ

骨盤の歪みはそれだけで下半身太りを引き起こす原因になります。骨盤の歪みを改善するだけでも、随分とムキムキふくらはぎが改善されますし、更に生理不順や生理痛といったものも改善されます。足が温まった時に行うと効果的ですので、お風呂上がりや足湯をしてからがオススメです。

手軽にできるマッサージ方法

脚を両手で包み、足先から太ももに向かってさする

特別な道具はなにも必要ありません。足の先を両手で包み込むように持ち、太ももに向かってなでるようにさするだけです。血行とリンパの流れを良くすることが目的なので、強くする必要もありません。

f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s

血行を良くするつぼを押す

足三里は両膝の外側のくぼみから指4本分下の部分にあります。委中は膝の真裏の真ん中にあります。湧泉は足の裏、足の指を曲げた時にできるくぼみの辺りにあります。どのツボも、足のむくみを取る、血行促進といった効果があります。気付いた時やテレビを見ながら親指の腹で押して見てください。

まとめ

運動をする時は、運動をする前後に必ずストレッチをしっかり行って、柔らかい筋肉を維持できるようにしましょう。硬いままのふくらはぎで運動を行うと逆効果ですのでご注意を。

本記事は、2015年6月30日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。