綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,890 記事

眉毛脱色でナチュラル顔に♡一番安全な方法と注意点

2015年6月30日更新 | 4,169 views | お気に入り 405

眉毛脱色

ナチュラル眉やハーフ顔に欠かせないのが眉毛脱色でしょう。既に取り入れている方も多いと思いますが、セルフケアだとどうしても間違った方法でトラブルを起こしやすいのです。安全性が高く誰でも簡単にできる方法を紹介します。

眉毛脱色は今や定番に

若い女性の間では定番の美容になりつつあるのが眉毛脱色です。イマドキ顔を作るためには欠かせないのです。

  • 透明感のある顔が作れる
  • ハーフ顔にもなれる
  • 印象が柔らかくなり癒し顔に
  • 目が大きく見える効果

ナチュラルで優しい印象、眉毛より目が強調されてデカ目になれるのは嬉しい効果ですね。オルチャン顔を作るのにも重宝します。

安全性が高く眉毛脱色する方法

眉毛脱色のやり方には主に2種類あります。セルフケアで自己判断にて利用しなければならない方法、安全性が高く肌荒れしにくい方法にわけられます。多くの方はセルフケアで正攻法ではないやり方を採用していることが多いようですが、正しい方法ではないためかぶれてしまうことも。エピラットという体用脱色剤、オキシドール、海外のジョレンなどは裏技となります。それでは具体的なやり方について紹介します。

ジョレン

 ジョレン
画像出典:http://www.amazon.co.jp/

海外の製品でアロエ入りのマイルドタイプのため、専用商品ではありませんが比較的優しい使用感・ナチュラルな脱色ができます。小さじ3分の1のパウダー・小さじ2分の1のクリームを混ぜ合わせ、10分放置したら洗い流して完了です。

エピラット

エピラット
画像出典:http://www.epilat.jp/products/binkan02.html

日本の製品でボディ用です。規定通り使用すると色が落ちすぎたり、肌に負担がかかるため調合する割合を変えましょう。通常はA剤とB剤を1対1ですが、眉毛に使用する場合は1対2とB剤を多くします。こうすることで肌への刺激を和らげることができます。また、敏感肌用も売られているため肌が弱い人はそちらを使いましょう。

オキシドール

一番おすすめできない方法です。眉毛が綺麗に脱色できないばかりか、肌を痛める危険性もあるため避けましょう。専用の脱色クリームのほうが肌を保護する成分、保湿成分などが入っているため安全性が高くなります。

眉毛脱色の注意点

今回紹介した方法はどれも正しい方法ではありません。肌への安全性にこだわるなら一番はサロンでやってもらうことでしょう。それでもセルフケアが良いという方は次の注意点に気をつけてみてください。

  • 眉毛の周りにコールドクリームを塗り保護
  • 使用前はパッチテストをしてから
  • 放置時間は説明書通りに
  • コットンで覆うと液ダレしにくい
  • 目に絶対入らないよう注意
  • セルフケアの場合は必ず自己責任で

まとめ

眉毛を脱色したい方も多いと思いますが、肌のことを考えると極力負担が少ない方法が良いですね。セルフケアでの眉毛脱色に不安がある方は、眉毛専用サロンを利用したり、眉毛専用コームで押さえながらはさみでカットして調える方法も利用してみましょう。

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

本記事は、2015年6月30日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。