綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,846 記事

プロが教える、ランジェリーを綺麗に保つための洗濯としまい方のポイント

著者情報

育乳&育尻下着専門店 Chabi オーナー・デザイナー

2015年6月23日更新 | 46,944 views | お気に入り 348

大人Ladyへなるためのたしなみ

ランジェリーを手洗いされていますか?
洗濯機に入れていませんか??

「必ず手洗いしています」

そう言える方は大人のLadyですね。
きっとランジェリーだけでなく、お体も大切にされていると思われます。

ネットに入れて洗濯機へポン。
そんな方はブラジャーを平らな所に置いてみてください。ワイヤーが歪んで浮いていませんか?? 

歪んだワイヤーをつけていると、痛みや使用感に違和感があり、ブラをつける事がストレスになったり、またお胸の形の左右差など変わっている方もいらっしゃいます。
ワイヤーの入ったブラは必ず手洗いしましょう。

下着の洗い方

下着はランジェリー専用洗剤を使用し、30度以下のぬるま湯に「5分」浸け置きします。

ランジェリー専用洗剤は繊維に優しく直接肌に当たる皮脂汚れなどの分解に優れています。ボディクリームを塗られる方は特に繊維に油分が付着しやすくなります。そして浸け置きにすることで摩擦もせずに綺麗に汚れを落とすため、型崩れを防ぐこともできます。

注意点

【30度以上のお湯はNG】⇒色落ち、生地の劣化、縮みの原因になります。
【こすり洗いはNG】⇒天然繊維のコットンやシルク、ウールなどは縮みが目立ちます。

下着は着後、毎日のお洗濯が必要です。
皮脂や汗がついたままにしておくと繊維にも負担がかかり黄ばみや劣化をはやめてしまいます。 基本浸け置き洗いですが、ショーツのマチ部分などの汚れが落ちていない場合は、軽くもみ洗いをしましょう。 

洗剤について

ランジェリー専用の中性洗剤にしましょう。
また、「蛍光剤」、「柔軟剤」の入っていないものをオススメします。

皮脂汚れの落ちが悪い洗剤は繊維にカビの栄養となる物が残り、洗濯をしていても生地にカビが生える事になったり、匂いの原因にもなります。人によってはカビの菌により不衛生になる事で皮膚にカビが繁殖し、地図状に広がり、皮膚科に通わないと治らない事もあります。綺麗に汚れを落としてしっかり乾かしましょう。

洗剤は泡立ちの少ない物の方が、濯ぎ回数も減り、生地への負担も少なくなります。

洗剤の注意点

【蛍光剤はNG】⇒白いものが白く発色して見えるようにしているため色あせの原因になります。
※特に黒いものはグレーになってきます。
【柔軟剤はNG】⇒ゴム部分の伸縮素材が伸びやすくなったり、繊維がコーティングされる事によって糸がすべってホツレの原因になる事があります。
【香料の強いものはNG】⇒最近人気のある香り持続性が高い物は、科学的な香りのため神経にとってストレスになり、頭痛など体調不良の原因となっているようですので注意が必要です。自分は良くても周りの方が不快に思っている事もありますので周りの人にも気配りをしましょう。

経血の汚れについて

経血汚れ専用洗剤を使うか、「セスキ炭酸ソーダ(アルカリウオッュ)」を洗剤に混ぜて使います。お湯を使うと血液が固まるので、お水を使用しましょう。

濯ぎ方について

5分浸け置きした後は、洗剤を捨て、ため濯ぎを3回ほど繰り返します。
目安は濁りがなくなるようにしましょう。

濯ぎが終わったものは、脱水機を使用せずバスタオルにくるみ5分置きます。
※長時間置きすぎると色落ちの原因になるので注意です。

その後形を整えて日陰干しをします。
小さなタオルでは水気を充分にとれないのでバスタオルがおススメです。

濯ぎと干し方の注意

【お風呂のお湯はNG】⇒いろんな菌や栄養が残り匂いの原因にもなります。
【脱水機はNG】⇒繊維の縮みやブラのワイヤーが歪む原因になります。
【直射日光はNG】⇒色あせ、糸の劣化を早くしてしまいます。
【乾燥機、ドライヤー、ストーブなどの熱はNG】⇒生地の縮みや劣化の原因となります。

干し方について

ブラジャーの干し方

左右対称になるようにする事により型崩れを防ぎます。
※左右対称で無い場合、ワイヤーの形が左右変わってくる事もあります。

アンダーベルト部分を逆さにして左右挟むか、カップを半分にした状態で吊るしましょう。ストラップを吊るすとゴムが伸びやすくなるので、控えた方が良いです。

ショーツの干し方

ウエスト部分をクリップで挟むか、マチ部分をタコ足などに通しましょう。
取りこむ時には必ず引っ張らずにクリップを広げてください。穴あきなどの原因になるので優しく扱いましょう。 

ランジェリーの収納方法について

 ブラジャーの収納

まず、ホックが引っかかってレースなど痛めないように止めておきましょう。

収納方法は、
【①画像左】 カップを重ねる方法
【②画像右】 平らに並べていく方法
等があります。

ただしモールドカップのブラはシワになる事もあるので、その場合は平らに置きましょう。
※色ごとに並べると見た目も楽しく綺麗に見えます。
(手前に薄い色目⇒奥に濃い色目)

ショーツの収納

ショーツはフロントのデザインがわかりやすいように、サイドを折りたたみます。
ブラの横に仕切りを作り、同じように色別で並べると綺麗に見えます。
また見つけるのも簡単になります。 

まとめ

ランジェリーは肌に直接身に着ける物です。
髪を丁寧に洗うのと同じように、体の一部と思って大切に扱って上げましょう。
そんな気配りが貴女自身の体を大切にする事につながり、素敵な大人Ladyになれますよ。

是非今日から取り組んでみてくださいね。

本記事は、2015年6月23日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。