綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,880 記事

今、話題の新調味料塩レモン(レモンソルト)って何?

2014年8月29日更新 | 1,558 views | お気に入り 352

今、巷で話題となっている新調味料、塩レモン。
さっぱりとしたレモンと塩のハーモニーはいろいろな料理を美味しくしてくれます。しかし塩レモンは美味しいだけじゃありません。綺麗になれる効果ももたらしてくれる魔法の調味料なのです。

キレイになれる新調味料♪塩レモン

塩レモンは美味しいだけじゃない

レモンはキレイの素となる栄養素がたっぷり含まれています。
ビタミンC
皮膚の新陳代謝を良くし、シミやソバカスが出来るのを抑制します。
ポリフェノール
抗酸化作用を持っており、肌細胞の老化を抑制します。
クエン酸
新陳代謝を良くするので、ダイエット効果があります。

塩レモンはレモンの皮から種まで余すことなく使います。
そのため、レモンの美容効果がギュッと詰まっています。しかし、塩レモンはレモンの美容効果だけのものではありません。もう一つの効果は「むくみ対策」です。体内の塩分量が多くなってしまうと、むくみを起こしてしまいます。
脚がパンパンになったり、顔がむくんだりと、まさに美容の敵ですね。むくみ対策としては、料理の塩分量を減らせば良いのですが、塩を減らした料理は味気ないものです。
そこで役立ってくれるのがレモンです。
レモンには強い酸味があり、酸味は塩味を引き立てる効果があります。そのため、塩分を減らした料理でも、レモンの酸味があれば、しっかりとした味を感じることができるのです。
自然と塩分量を減らすことができるのが塩レモン。むくみで悩んでいる人の強い味方になってくれます。

塩レモンの作り方

実際に塩レモンを作ってみましょう♪

【材料】

  • レモン3~4個(ワックスの付いていないもの)
  • 塩60g

①レモンを良く洗います。
②レモンの半分の量を乱切りにし、残りを輪切りにします。
③保存用の容器に塩を少し入れ、次にレモンを重ね、さらに塩を入れるを繰り返します。
④冷蔵庫で1週間ほど寝かせます。塩が溶けてきたら容器を振って塩とレモンを混ぜ合わせましょう。

塩が完全に溶けたら出来上がり♪
※保存期間は3か月くらいです。

 

チキンや白身魚にGOOD!

さっぱりとした味の調味料なのでいろいろな料理に合いますが、特に合うのがチキンと白身魚。チキンのソテーを作るとなると普通は塩コショウですが、その代わりに塩レモンを使うと爽やかな味になります。
白身魚にもとても合います。ホイル焼きやカルパッチョに使うととても美味しいです。

ビタミンCを摂るためには

レモンのビタミンCをしっかりと摂りたい場合は、塩レモンを加熱しないようにしましょう。ビタミンCは熱を加えると破壊され、少なくなってしまいます。
ビタミンCを摂りたい場合は、ドレッシングやカルパッチョソースとして火を加えないで使いましょう。

著者情報

綺麗のトリセツ編集部です。皆様のお役に立てるよう美容や健康に関するハウツーやトピックスを投稿してまいります!

本記事は、2014年8月29日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。