綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,861 記事

夏の暑さも吹き飛ばす!おすすめの涼しげメイク

2015年7月13日更新 | 5,656 views | お気に入り 591

ダルダル化粧崩れにならない、「涼やかマットメイク」を、ベースメイク・アイメイク・眉メイク・リップの順でご紹介します。

 

ベースメイク

【道具】

① コントロールカラー(イエロー)3240円
② フェイスパウダー(ルース)3240円
③ 艶粉ファンデーション3240円
④ ポアレスブラシ7560円

コントロールカラーでお肌を整えましょう!

まず最初にコントロールカラーでお肌の色を整えます。
赤みがある箇所にイエローのコントロールカラーを載せ、指で軽くたたきのばしするようになじませます。
★コントロールカラーについてはコチラ⇒

ファンデーションとお粉でマットな肌に

① フェイスパウダー(マットタイプ)で一度おさえることで、脂分を抑え、次に使う粉上ファンデーションが崩れにくくなります。

② 薄付きで透明感を出すときは、ブラシでパウダーファンデーションをつけます。また水あり、水なしの両用タイプのファンデーションは暑い時期に最適マット肌に仕上がります。

 

③ ファンデーションは赤い線より内側に塗りましょう。化粧崩れが目立ちにくく、首元の境目もなくなります。

 

アイメイク

【道具】

① MAMEWカラーコレクション2D 2160円
② MAMEWカラーコレクション21 2160円
③ MAMEWアイカラー
④ ジルスチュアート限定カラー 5400円

爽やかアイメイクの方法

アイシャドーを入れるポイントを確認しながら見ていきましょう。

① アイシャドー①のカラーを目頭側からまぶた全体に広くのせていく。
ハイライトカラーはビューティーポイントの目頭から目尻まで入れること、目元のクスミをおさえ、目の幅を広く見せてくれる効果があります。
★カラーをのせる範囲はビューティーポイントを参考⇒

② アイシャドー②のカラーは目頭から黒目の外側まで、二重のラインよりやや上まで載せます。

③ アイシャドー③のカラーは指で目尻から黒目の中央まで②と重なるようにのせる。指で載せると色味がはっきりし、印象を付けやすくなる。

④ アイシャドー④をまつ毛の際に、シャドウライナーとして使用します。

⑤ 下まぶたも夏メイクには欠かせないポイント。
上瞼で使ったアイシャドーの②や③を黒目の真下に濃いめに左右にぼかしで行きます。今回は③の爽やかな色をのせ、涙袋を強調。

★完成★
②、③は今年のトレンドでもあるパステルカラーのコーラルピンクとミントグリーンで。爽快感のある目元に仕上げます。

 

【カラーのアレンジ】パールカラーでイメチェン!スノーメイク

色を変えるだけで印象の違う目元に変えることもできます。アイシャドウはホワイトパールのカラーとアイシーピンクパールの2色使い。
アイライナーも目尻だけホワイトで決めれば涼しげアイメイクの完成です!

眉の書き方と整え方

【道具】

【左】ヘビーローテーションカラーリングアイブロー(01 イエローブラウン)840円
【右】MAMEW相武朗ペンシル(ライトブラウン)1620円

眉の書き方

濃いめの眉を書いてしまうと重たくなり、シャープな印象を与えてしまいます。暑い夏、明るく重くなりすぎないカラーがおススメ。形はやや太めのストレート。
まず、カラーペンシルで足りない部分を書き足し、眉マスカラで整えましょう。
眉毛がしっかりある方も眉マスカラがおススメです。

眉の色は特に気にしてほしいポイント

向かって右は自分の眉にライトカラーのペンシルで書き足しているだけ。
左は眉マスカラで眉の色を均一に明るく仕上げていますが、眉マスカラを使っている方が自然で整って見えますね。

 

チーク

【道具】

 

① (ハイライト)MAMEWカラーコレクション2A
② (チーク)MAMEWカラーコレクション4Cチーク

【ハイライトの使い方】

① のハイライトは、画像の黄色い線の部分にのせましょう。ハイライトはチークを引き立たせ、立体感を作る効果があります。

【チークの使い方】

やや高めにこめかみの下から口角に向かって②のオレンジ系のパウダーで仕上げます。きれいなグラデーションを作るには、ブラシにパウダーをしっかり含ませブラシになじませること。

 

チークのポイント

オレンジはくすみやすいと敬遠されがちなカラー。明るめのカラーを選んで暑さに負けない健康的な肌に仕上げます。
練りチークでもよいのですが、脂性や汗をかきやすい方はよれの原因にもなりやすく、ムラのびが目立ってしまいます。自然で失敗の少ないパウダーがおすすめです。

 

リップ

【道具】

 

MAMEWリップグロス(チェリーピンク
リップパレット

リップカラーののせ方

リップはあえてオレンジではなくコーラルピンクに。「画像リップパレットの★参照」
やわらかい可愛さをプラス。
リップは輪郭をとらずに指でぼかすようになじませる。中央にグロスをのせる。

まとめ

暑い夏!メイクが暑苦しくならない様、濃い目のメイクやツヤツヤメイクはもう古いかも?
マットでツヤのすくない自然な仕上がりを意識しましょう。

メイクの参考

コントロールカラーについて

コントロールカラーは、コンシーラーと違いカバーするものではなく、肌のニュアンスを変えてくれる役割です。肌の色むらを均一に見えるようにし、透明感を出してくれます。コントロールカラーもいろんなカラーが出ています。

★オレンジ⇒肌を健康的に見せ、シミそばかすなどを目立ちにくくします。
★ラベンダー⇒肌の透明感をアップし、柔らかで派内だ印象の肌にします。
★ピンク⇒血色を抑止、ほんのり赤みを帯びた愛らしい肌にします。

その他にも艶感をプラスするアイテムや、ベージュ系、ホワイト系など、仕上げたい肌の質感によって使い分けるととても便利なアイテムです。また、ファンデーションを付ける箇所も少なくなり、化粧崩れの防止にも効果が期待できます。

 ビューティーポイント(BP)

ビューティーポイントとは、アイホールの延長線上の目頭、目尻の事。

このラインまでアイシャドーを入れると目幅を広く、目元を大きく見せる効果がある。普通はオレンジのラインの範囲で色を載せますが、目を開けた時に色味が目立たなく、目元も小さく見えてしまいます。

著者情報

ヘアメイクアドバイザー /MAMEW主宰

本記事は、2015年7月13日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。