綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,861 記事

ずぼらさん必見!美肌になる身体の洗い方

2014年8月29日更新 | 3,959 views | お気に入り 566

毎日お風呂で身体を洗うと思いますが、世の中には色々な美容法もあって洗うタオルで迷っている方も多いのではないでしょうか。タオルではなく手で洗ったほうが良いという意見もあれば、優しい手触りのタオルなら問題ないという人も。実は身体の洗い方ひとつで乾燥肌が改善したり、背中ニキビが治るなど良いこともあったりするんですよ!
そこで女性なら是非気にしたい肌別の身体の洗い方、選びたいタオルの種類、あかすりタオルなどの特徴を紹介します。どれで洗ったら良いか迷っている方は参考にしてみて下さいね。

こんな洗い方だと肌が乾燥しちゃう!

ナイロンタオルはおすすめできない

ナイロンタオルは使うととても気持ちが良いため、これでないと洗った気がしないという人も多いようです。しかしあれだけ硬いタオルで毎日ゴシゴシ洗っていると、皮膚の表面にある角質が落ちすぎたり、皮脂を取りすぎて逆にベタベタ肌になるということも。

実はこのナイロンタオルでゴシゴシ洗いすることによって、背中ニキビができやすい原因が隠れています。肌の角質が剥がれると水分が蒸発して肌を守ろうとし油分が多く分泌しやすくなります。乾燥すればするほど部分的なオイリー肌となり、ニキビができるため避けましょう。また、すすぎが足りないことで石鹸が残り背中ニキビの原因にもなります。

あかすりタオルもNG

あかすりタオルもナイロンタオルと同様角質を除去しすぎてしまいます。皮膚科の医師さえもこのタオルを勧めていない人は多いようです。身体の垢や汚れは手で洗うだけで十分落ちるもので、一見ツルツルに感じられるのはただ角質が薄くなっているだけなのかもしれません。
ごくたまにピーリング効果として利用するなら許容範囲ですが、月に何度も擦るのはさけましょう。肌は通常28日周期で生まれ変わるため、除去された角質が再生されず肌荒れや乾燥肌の原因となってしまいます。

今注目されている手で洗う方法

汚れは手でも十分落ちている

身体に付着した汚れ、垢などは石鹸を使わなくても手で洗うだけで落ちるといわれています。湯船に入って十分角質をふやかしておけば、必要以上に擦る必要はありません。石鹸は最小限でよく、皮脂が元々少ない女性や子供などはぬるま湯で洗い流すだけでも十分汚れは落ちています。
この洗い方を実践している方の多くは、皮脂が適度に残り乾燥肌が改善した・体臭が軽くなったという人も多くなっています。

手による身体の洗い方

まずは38度~40度くらいの温めの湯船に10分くらい入ります。このときに大部分の汚れは浮き上がっており、石鹸の使用は乾燥肌の方なら2日に1回程度でも大丈夫です。
ただし背中や胸などは皮脂が多いため毎日石鹸をつけても良く、背中は手も届きにくいためタオルを利用するのもおすすめです。

乾燥肌の方におすすめのタオル

皮脂の分泌が多い男性以外は綿のタオルが良いでしょう。そのほかシルクや麻なども売られていますが、肌に触れたとき刺激を感じないかよく確かめてみてくださいね。

まとめ

実は現代女性の多くは洗いすぎで肌が乾燥しています。洗い方やタオルをちょっとだけ変えれば改善しやすいため、手で洗う習慣を付けてみましょう。意外と汚れが落ちていないというのは思い込みだったりするんですよ。

著者情報

綺麗のトリセツ編集部です。皆様のお役に立てるよう美容や健康に関するハウツーやトピックスを投稿してまいります!

本記事は、2014年8月29日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。