綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,861 記事

貴方は大丈夫!?おブスになるメイクNG!5選

2014年8月29日更新 | 41,597 views | お気に入り 652

「メイクをちゃんと習ったことが無いから、メイク方法がわからない…」

メイク方法がわからない。という方にはぜひチェックしていただきたい、「おブスになるメイクNG5選」をご紹介します!

 

おブスメイク① ~青みの強いローズピンクの口紅~

ステキだな!と思った口紅を実際に塗ってみたら「あれ?似合わない」こんな経験はありませんか?それはあなたの肌色と口紅の色が合っていないからかもしれません。
私たちの肌色は年齢とともに黄みを帯びくすんできます。青みの強いローズピンク系のメイクアップカラーは肌色をより一層黄み寄りにくすませてしまう、非常に難しい色です。


「青みのあるローズピンクの口紅」

解決ポイント

温かみのある黄みを含んだカラーをチョイスしましょう。例えば写真のようなオレンジ系、明るいベージュ系、コーラルピンクなど。肌色に透明感が出て、明るく若々しい印象に導きます。


「黄みを感じる色を選びましょう」

 

おブスメイク② ~痛んだ髪~

メイクではありませんが髪も大事な要素です。
パサついてお手入れ不足の髪では、せっかくのメイクやおしゃれも台無しですよ!また明るすぎるヘアカラーは痛んでパサついているように見えてしまいます。

解決ポイント

ヘアカラーはやや明度の低い落ち着いた色にチェンジして、洗い流さないトリートメントを毛先につけましょう。それだけで若々しい印象になります。

頭皮用のローションをつけて、両指を広げて頭の下から上、頭頂部に皮膚を寄せる気持ちで指圧マッサージをします。頭皮ケアで毛細血管の働きが活発になり美髪に近づきますよ!


「毎日続けることが大切です」

 

おブスメイク③ ~ヘアカラーに対して眉毛が黒すぎる~

ヘアカラーと眉色、合わせるのが鉄則。眉だけ黒いままでは重いメイクになってしまいます。


「髪よりも眉毛が濃いのは意外と目立ちます」

解決ポイント

ヘアカラーと眉色は同じトーンの眉マスカラで仕上げましょう。
ヘアカラーをしていない黒髪さんは、ダークブラウンの眉マスカラをチョイスしてくださいね。


「眉毛が黒すぎませんか?」


「眉マスカラは使えます!」

 

おブスメイク④ ~アイメイク・チーク・リップ、どれも濃い~

しっかり塗ったアイシャドーに強い印象の口紅、チークも大好き!
そんなあなたは、お化粧が濃くインパクトの強い人に見られているかも。


「性格がきつくみられるかも」

解決ポイント

メイクはバランスが大切。アイメイクをしっかりしたらリップメイクを軽めに、というように少し抜け感があると洗練された印象に。
ちなみに私は目を大きく目立たせたいので、アイメイクはアイライン、マスカラをしっかり入れ、チークとリップメイクはナチュラルオレンジなどの肌になじむ色を選ぶことが多いです。

 

おブスメイク⑤ ~ファンデーションの厚塗り~

ファンデーションを厚く塗るだけでおブスにみえてしまいます。今すぐ塗り方をおさらいしましょう。

解決ポイント

まずしっかりカバーしたいほほから塗りましょう。
Tゾーンや目の周りはほほよりも薄塗りに仕上げます。
フェイスラインは塗り終わったスポンジを使って、矢印の方向にぼかし込みましょう(ファンデーションの付け足し禁止)。
それだけでナチュラルに見える美肌ベースが出来上がりますよ。顔全体に均一の量を塗るのはやめましょうね。


「まずほほから塗りましょう」


「ぼかしは大切」

 

以上、おブスメイクのご紹介でした。

 

おまけ

「おブスメイク④~アイメイク・チーク・リップ、どれも濃い~」のイラストを見た我が子たちは、

「ママのお化粧そっくり~!」

と大笑いしていました…がくり。

著者情報

メイクアップアーティスト/美キャリア・ラボ代表

本記事は、2014年8月29日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。