綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,859 記事

足が細くてもがにまたはNG!がにまたになる原因と毎日続けられる改善方法

2015年8月4日更新 | 2,387 views | お気に入り 408

 がに股になっていませんか?

細くてスラッとした脚でも、がに股歩きではNGです。
見た目が悪いですもんね。

本当の美脚を目指すのであれば、がに股にならないようにしたいもの。
がに股になってしまう原因と、毎日続けられる改善方法を紹介します。

がに股の原因

太ももやふくらはぎの筋肉は、外側に付いているものと内側に付いているものの2つに分かれています。 
女性の場合、男性よりも骨盤が広いため、自然と脚が開き気味になってしまう傾向にあります。
脚が開いた状態のまま、生活していると徐々に膝が外向きになってしまいます。
そうなると、重心を支えるために脚の外側の筋肉ばかり発達してしまうんです。
脚の内側の筋肉が衰え外側の筋肉に頼ることで、段々とつま先が外側に向いてしまい、がに股になってしまうんです。

毎日続けられる改善方法

歩き方に気をつける

まず何よりもがに股歩きにならないようにしましょう。
歩くときには、つま先は必ず真っ直ぐに。意識して歩くようにしましょうね。

座る時の姿勢に気をつける

歩くときだけでなく、座った時にも脚が開かないようにしましょう。
ベロ~ンとだらしなく脚を開いて座ってはダメです。しっかりと両ひざが付くようにして座りましょう。それだけでも内ももの筋肉を鍛えることが出来ます。

背筋が丸まっていると、自然と脚も開きがちになってしまいます。
背筋を真っ直ぐに、ピンっとした姿勢を保つようにしましょうね。

内ももの筋肉を鍛える

内ももの筋肉を鍛えることで、外側の筋肉ばかりに頼らず、内側の筋肉を使って重心をとれるようになります。
内ももの筋肉を鍛えるエクササイズを取り入れてみましょう。

エクササイズのやり方

①バスタオルを用意し、クルクルと丸めましょう。

②ももにバスタオルを挟みます。つま先はしっかりと揃えましょう。

③バスタオルを挟んだ状態で、膝を屈伸させます。軽いスクワットみたいな感じで。

④30秒ほど屈伸を繰り返したら終わりです。

↓フットケア整体院のエクササイズ動画です。分かり易く紹介されています。
YOUTUBE:DikJ68lvX2w出典元 https://www.youtube.com/watch?v=DikJ68lvX2w

これだけでも内側の筋肉を鍛えることが出来ます。とっても簡単なので毎日続けてみましょう。

最後に

歩くとき、座るときには姿勢にも注意を。
がに股が矯正されるだけでなく、姿勢美人にもなれます。
美しい姿勢の女性って素敵ですよね。正しい歩き方、座り方、エクササイズでさらに美しい女性になっちゃいましょう。

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

本記事は、2015年8月4日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。