綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,859 記事

これがあれば安心!夏メイクの必須アイテムとおすすめコスメ

2015年8月6日更新 | 7,044 views | お気に入り 564

夏のメイクにまつわる悩みといえば、化粧崩れ、毛穴の開き、冷房の影響で乾燥が気になるといったところではないでしょうか。それらのお悩みを解消しつつ、少し開放的な気分になってビビットなカラーやラメやパールなどの輝きをプラスしたいという人が多いと思います。

そこで、今回は夏のメイクにまつわる悩みを解消しつつ、夏らしいメイクを楽しむ方法をご紹介します。

毛穴もテカリも上手にカバーできるおすすめアイテム

1.キールズブラー(キールズ)

  • 3600円(税抜)

スキンケアの最後に使用するスキンケア下地。
毛穴カバー効果のほか、使い続けることで毛穴が徐々に目立たなくなるということで発売前から話題を呼びました。毛穴の開きが気になる夏は特に筆者にとって手放せないアイテムとなっています。 

2. オイルコントロールミルク(ナチュラグラッセ)

  • 3000円(税抜)

化粧崩れは防止したいけれどマットはNGというエイジングサインが気になる肌にぴったりのアイテム。適度なツヤ感を残しながらテカリを防ぎ、ナチュラルに肌のトーンも整えてくれる頼もしい化粧下地です。

3. UVPFクリーム(フェリーチェ・トワコ・コスメ)

  • 30g・3075円(税込)

君島十和子さんがプロデュースしたコスメブランド、フェリーチェ・トワコ・コスメの中でも1番人気がこの日焼け止め。十和子さんご自身のこだわりがつまった一品で、筆者も愛用者の1人。日焼けしにくく、崩れにくく、それでいて保湿力もあるといったパーフェクトな使い心地にゾッコン!手放せないアイテムです。

4. UVスキンパーフェクションBBクリーム(シゲタ)

  • 3100円(税抜)

パリで大人気のオーガニックコスメブランドであるシゲタの創設者Chico Shigetaさんとメイクアップアーティストである早坂香須子さんのコラボアイテム。
発売前から話題を呼び一時は欠品状態に陥ったほど大人気のBBクリーム。薄付きながらしっかりと肌にフィットし毛穴も色ムラもナチュラルにカバー。また崩れにくい点も魅力です。植物由来成分をベースに作られているほか、オメガ3と6が豊富に含まれており美肌サポート力も強い一品です。

5. UVシフォンパウダー(ナチュラグラッセ)

  • 3000円(税抜)

適度なツヤ感を残しながら化粧崩れと紫外線を防止する効果が期待できるフェイスパウダー。肌あたりがよく柔らかい付属のパフも◎。色によってパールの入り方が異なるためご購入の際は店頭で必ずタッチアップしてから購入することをおすすめします。

ビビットなカラーや煌めきが魅力!夏にぴったりのメイクアイテム

1. シアーブリーズアイズ EX01(ルナソル)

テクいらずで上品な美しい目元に仕上がるのが◎。
一見奇抜に思えるイエローは薄付きのラメで、肌にのせるとそのまま発色するのではなく、煌めきを楽しむことができるユニークなアイテム。シメにブルーのアイシャドウを目尻側に入れると一気に夏モードに。ただし、こちらは夏の限定商品のため現在入手困難。しかし、ノンパールで仕上げた目元に粒子の細かいラメを指で軽く重ねるアイメイクは秋以降にも取り入れたいメイク法です。

2. プチフールアイズNS(ナチュラグラッセ)

濃いブルーの中に光の加減で煌めくラメが美しい一品。ラインのようにポイント使いすることで印象的な目元を演出することができます。ただし、こういった濃いカラーはポイント使いをするのが◎。上まぶたは目尻側3分の2程度キワにラインのように入れ、目尻の下側3分の1程度にもラインのようにいれてバランスをとるのがいいでしょう。

3. ボンミーンスティックフェイスカラー コーラルグロウ(ローラメルシエ) 

肌なじみのいいコーラルカラーと艶めきが魅力のチーク。
巷で流行中の色っぽメイクの要素を取り入れ、指でポンポンと無造作に塗ると抜け感が出てナチュラルな印象に仕上がります。

 

4. インジスティブルグローリップス 05ディープコーラル(RMK)

夏のメイクは目元で冒険し、リップでバランスをとるのがおすすめ。
RMKのこのカラーは肌のトーンを明るく見せてくれるのが◎。ただしこういった色みを抑えたリップカラーを使用する場合には、事前にリップペンシルやコンシーラーで唇のくすみをカバーしておくことが重要です。

いかがでしたか?

このほか、アイメイクでは目尻側のまつ毛や下まつ毛のみマスカラの色を変えてみるのもおすすめ。普段、無難なメイクばかりしてしまうという人も洋服に合わせて時には開放的な気分で夏のメイクを楽しまれてはいかがでしょうか。

著者情報

アンチエイジングアドバイザー・@cosme公認ビューティスト

本記事は、2015年8月6日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。