綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,844 記事

日本人と欧米人の姿勢と骨格の違い~日本人ならではの5つの特徴~

2015年8月20日更新 | 35,486 views | お気に入り 549

日本人ならではのことって結構あるんです

段々日本人もスタイルも欧米化しているとはいえ、それでもやはり多くの人は日本人らしさを保っています。実は、日本人ならではのことってたくさんあります。どうして日本人だけ?ということについて探ってみました。

肩こり

 肩こりは日本人特有だとよく聞きますが、どうして日本人は肩こりを起こしやすいのでしょうか。日本人は正座をする機会が多く、そのため首や肩の筋肉に負担をかけます。また、なで肩の人が多いことも特徴としてあります。その他、緊張しやすい性格の人が多く、ストレスにより血行不良になることも多いようです。
しかし、同じ人間なのに欧米人は全く肩こりがないのか?というと、それは違います。欧米人には肩こりという概念がないだけです。日本人ほどはなくとも、肩を揉まれると気持ちがいいと答える人も多いようですよ。

 腰痛

 日本人の国民病とも言われている腰痛、経験したことが無いという人の方が珍しかったりします。日本人は大腰筋が欧米人とは違います。大腰筋は日本人より白人や黒人の方が太く強くできています。大腰筋は、足腰の丈夫さに関係しているので、どうしても日本人が腰痛を引き起こす原因のひとつとなっています。

 出典元:http://www.miki-cli.jp/hokoukyouka.htm

 下半身太り

 日本人は上半身が細くても下半身太りをしている人が欧米人と比べて多くいます。その理由は、地べたに座るという生活をしているため。和室で生活していると特にその傾向が強くなり、骨盤のずれを引き起こします。地べたに座る場合に、よい姿勢を長時間保つことは難しいのです。骨盤のずれは、下半身の血行不良に繋がり、贅肉を付けやすくします。

筋肉が付きにくい

 アスリートを見ると一目瞭然ですが、日本人はどうしても筋肉が付きにくいという傾向があります。黒人のアスリートはマッチョですよね。その理由は、日本人の体質的なものもありますが、多くは食事内容の違いです。欧米人は動物性たんぱく質の摂取が多いことが食生活の特徴としてあります。食べる量も日本人よりかなり多いことは確か。しかし、日本人も食生活の欧米化が進んできているので、数十年前と比べるとかなり体格も欧米化しているのではないでしょうか。

骨盤の位置が違う

日本人は欧米人と比べて骨盤が前に傾斜しています。その角度は5度~10度とも言われています。骨盤の位置が前傾していると、腰痛が起きやすくなり下っ腹が出やすくなるなどの症状が出ます。日ごろからストレッチや予防法を実践したいものです。

 

 さいごに

日本人ならではの不定愁訴って結構あるんだな、と痛感しました。日本人もかなり欧米人に体型が近づいては来てはいますから、もしかすると日本人特有の不定愁訴もそのうち減ってくるのでは?と思ってしまいます。

著者情報

自分に素直に生きることをモットーにしています。

本記事は、2015年8月20日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。