綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,878 記事

身体の中から改善!ニオイの元は食べ物?匂いを抑えるデオドラント料理レシピ

著者情報

料理家・豆腐創作料理研究家

2015年8月19日更新 | 3,826 views | お気に入り 334

汗のニオイの原因はどこ?

汗を沢山かくこの季節。身体のニオイが気になる・・・という方も多いと思いますが。身体のニオイってどこで作られるのでしょう?

それは“身体の中”。身体のニオイも汗のニオイもすべて“身体の中”で作られます。にんにくを沢山摂取した次の日に、自分の体がにんにく臭いと感じたことはないですか?
そう、身体のニオイには食べ物が少なからずとも影響すると考えられているのです。
(ちなみににんにくは血液をサラサラにする効果があるので、適度に摂れば身体のニオイを抑える働きがあります。)

今日は身体のニオイを元から絶つデオドラント料理のご紹介です。
市販のデオドラント剤では、ニオイを元から絶つことは出来ません。ニオイをごまかすのではなく、身体の中から綺麗になって、ニオイの元を絶ちましょう♪

体質によるものがあるので、全ての方に有効とは限りません。

それでは、ニオイをきつくするものはどんな食べ物なのでしょう?

一般に言われているのは、“肉類”。

動物性たんぱく質やコレステロールなどの脂質を摂りすぎると汗腺類が刺激されてニオイがきつくなったり、肉に多く含まれる脂肪が腸内で酸化して悪臭の原因となります。

他にはインスタントラーメンやスナック菓子等。
使用されている油が酸化しやすいものが多いので、腸内環境が悪玉優勢になり、ニオイの元となるのです。

すなわち“腸内腐敗”を起こす食べ物が、ニオイの元の1つになるので、“腸内環境を良くする”食べ物を沢山摂るように心がけるのが、ニオイの改善につながります。

ということで、今日は“腸内環境を良くする”野菜料理3品をご紹介。

腸内環境を良くする野菜料理3品

まずは、体を冷やす効果のある“夏野菜”を使った料理のご紹介です。

①チョコチュジャンの野菜ビビンパ

チョコチュジャンとは、チョ(酢)とコチュジャンを合わせた調味料のことです。

~材料~(ご飯茶碗4杯分)
  • 大根・・・7㎝
  • 人参・・・1/2本
  • ししとう・・・4本
  • 大葉・・・5枚
  • 豆苗・・・適量
  • 焼き海苔・・・適量

★チョコチュジャン

  • コチュジャン・・・50g
  • 砂糖・・・大さじ1/2
  • 酢・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1/2
  • 水・・・大さじ1/2
  • 炒りごま・・・大さじ1/2
  • ごま油・・・大さじ1/2
~作り方~

①チョコチュジャンの材料を全て合わせおく。

②大根・人参・大葉は千切り。ししとうは小口切り。豆苗は根を切り落とし3cm長さに切る。焼き海苔は手でちぎる。

③ご飯の上に野菜を並べ、焼き海苔をちらす。チョコチュジャンを添えて、すべてを混ぜて頂く。

ズッキーニのこぶ締め

写真は黄ズッキーニを使用しておりますが、もちろん緑のズッキーニでも美味しいです。
白身魚だけではなく、野菜もこぶ締めにすると美味しいのです♪

ズッキーニこぶ締め_2

~材料~
  • ズッキーニ・・・1/2本
  • 昆布・・・適量
~作り方~

①昆布は平らなものであれば酢で表面をふく。平らでないものは、酢水(1:1)に少しつけて、平に戻してから表面をふく。

②ズッキーニは1㎝の輪切りにする。

③昆布の上にズッキーニを並べたあと、もう1枚の昆布で挟みラップをし、冷蔵庫で4時間ほど置く。

ズッキーニだけではなく、セロリや大根、アスパラガス(要下ゆで)等色々なお野菜でも楽しめるので、是非お試しくださいね。 

根菜トマト煮

お次は塩麹を使った簡単レシピのご紹介。

塩麹などの発酵食品(みそ・しょうゆ・酢・納豆・漬物等)には腸内に発生した有害物質を解毒して、身体のニオイを抑える働きがあります。
使用する野菜は夏野菜ではなく根菜類になりますが、根菜類には食物繊維が豊富なので、腸の腐敗物質をからめとり、腸内環境をよくするので、身体のニオイを抑えることが出来るのです。

根菜トマト煮

~材料~
  • ごぼう・・・1/2本
  • れんこん・・・1/2本
  • シシリアンルージュ(なければアイコ、またはプチトマト)10個
  • にんにく・・・1/2片
  • ★オリーブオイル・・・大さじ1
  • ★塩麹・・・大さじ1
  • ★粉チーズ・・・15g
  • ★塩・こしょう・・・適量
~作り方~

①ごぼうとれんこんは乱切りにして水にさっとさらす。シシリアンルージュは縦2等分に切る。にんにくは芽を取り除き、包丁の背でつぶす。

②鍋にオリーブオイルとにんにくを温め、香りが出たらごぼうとれんこんを加えて炒める。シシリアンルージュを加え更に炒めて、蓋をして弱火で10分加熱する。

③塩麹を加えて、更に5分加熱する。

④粉チーズを加え混ぜ塩こしょうで味を整えて、再び蓋をして冷ます。

いかがでしたか? 

野菜がたっぷりだと食欲の落ちる夏でもさらっと食べられるも嬉しい限り♪
ただし夏野菜には体を冷やす作用があるので、寒い時期に摂りすぎるのは要注意ですよ。

本記事は、2015年8月19日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。